Pocket



スポンサーリンク

「宇多田ヒカルさんの新曲“Play A Love Song”の歌詞は?」

2018年度、第一弾目となる宇多田ヒカルさんのシングル「Play A Love Song」が4月25日にリリースされました。

 

この曲は、彼女自身が出演している「サントリー南アルプススパークリング」のテレビCMとしても使われています。

 

CM撮影当初はまだ歌詞が断片的にしかなかったため、メロディをハミングするという形で歌唱シーンの撮影が行われていましたが、撮影最終日終盤の宇多田さんに歌詞の一部が舞い降りてきたそうで、「その部分だけもう一度撮影させてほしい」とお願いして、その部分だけ生まれたての歌詞と共に撮影をし直したのだとか。

 

その歌詞というのが“長い冬が終わる瞬間”というもの。

 

撮影現場が極寒の地だったためにこの言葉が出てきたそうなのですが、「その先にある、長い冬が終わる瞬間に思いを馳せられた。」として、これが歌詞の一部が撮影中に生まれた経緯となります。

 

注目の歌詞は!

そして、最終的に完成した「Play A Love Song」の歌詞はというと、

 

傷ついた時僕は

一人静かに内省す

深読みをしてしまう君は

不安と戦う

 

Hold me tight and don’t let go

Why we fight I don’t know

 

他の人がどうなのか

僕は知らないけど

僕の言葉の裏に他意などないよ

 

長い冬が終わる瞬間

笑顔で迎えたいから

意地張っても寒いだけさ

悲しい話しはもうたくさん

好きだって言わせてくれよ

Can we play a love song?

 

友達の心配や

生い立ちのトラウマは

まだ続く僕たちの歴史の

ほんの注釈

 

Hold me tight and don’t let go

Why we fight A don’t know

 

僕の親がいつからああなのか

知らないけど

(大丈夫、大丈夫)

君と僕はこれからも成長するよ

(大丈夫、大丈夫)

 

落ち着いてみようよ一旦

どうだってよくはないけど

考え過ぎているかも

悲しい話はもうたくさん

飯食って笑って寝よう

Can we play a love song?

 

側においでよ

どこにも行かないでよ

Hold me tight and don’t let go

 

もう二度と話さないと

言わんばかりに抱き締めたいよ

疑っていてもいいけど

悲しい話はもうたくさん

嘘だって吐きたくなるよ

Can we play a love song?

 

長い冬が終わる瞬間

笑顔で迎えたいから

意地張っても寒いだけさ

悲しい話はもうたくさん

好きだって聞かせてくれよ

Can we play a love song?

 

これが全歌詞となりますが、“長い冬が終わる瞬間”が2回も出てきています。

 

CM撮影中に舞い降りてきた言葉ですが、宇多田さんの中では意味のある言葉となったようです。



スポンサーリンク

過酷な撮影!

デビュー20周年を迎える宇多田さんですが、「サントリー南アルプススパークリング」CMに出演するのは、今回の「SWITCH&SPARKLING!」篇で3度目となります。

 

1度目は「水の山行ってきた 南アルプス」篇。

この時は「道」という曲が起用されており、

 

2度目は「水の山行ってきた 奥大山」篇。

このときは「大空で抱きしめて」という曲が起用されています。

 

この2作品共、山登りをして大変だったと話す宇多田さん。

 

3作品目も登山かと思いきや、今回は雪山でキャンプをしているような内容と聞い「楽じゃん今回!」と、余裕をぶっこいていたそうなのですが、実際には今回の撮影が今まで経験した中で一番ハードな撮影だったことを明かしています。

 

今回の撮影で雪国の過酷さを思い知らされたと話す宇多田さん。

 

しかし、こんなに綺麗な新雪の上を自由に走ったり転げまわったりはなかなかできないと、撮影をめいっぱい楽しんだ様子。

 

これまでの作品と同じチームで挑んだ撮影。

 

ハードなロケとなった今回の撮影でしたが、“特別な思い出になった”と語る宇多田さん。

 

第4弾のCMも今から楽しみですね♪

 

初恋にも注目!

宇多田ヒカルさんの新曲「Play A Love Song」も良いですが、現在の最新曲はというと、現在放送中のTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のイメージソング「初恋」。

 

初回放送の4月17日に音源が初公開され話題となっていましたが、ついに5月30日配信リリースされました。

 

宇多田さんが「花より男子」シリーズをタイアップするのはこれで2度目。

 

2007年に放送された「花より男子2(リターンズ)」では、イメージソングとして「Flavor Of Life-Ballad Version」を提供しています。

 

今回、「初恋」を書き下ろすにあたり、ドラマのイメージソングということもあり原作を読むところから始めたという宇多田さん。

 

「今の自分にもグッとくる場面が多く、自然と楽曲制作ができた」と話しており、ドラマプロデューサーの瀬戸口克陽さんからも「聴けば聴くほど胸に染み渡ってくる楽曲」としてお墨付き。

 

ドラマを見ていない人でも聞く価値ありの新曲となっています。

 

宇多田ヒカルさんの楽曲「Play A Love Song」と併せて新曲の「初恋」も是非、聴いてみて下さい♪

 

最後に一言!

 

宇多田さんの曲だけでなく、いろんなアーティストの曲を聴きますが、制作の背景なんかが分かるとまた変わりますよね。

 

昔みたいなミリオンヒットはなかなか厳しくなっていますが、宇多田ヒカルさんにはこれからも歌手として頑張ってほしいですね。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket