はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

Pocket

スポンサーリンク





この世界の片隅にのネタバレ注意!傘の意味を考察してみた!

アニメ映画「この世界の片隅に」は、漫画家こうの史代さんの漫画を原作として作られた映画です。

 

原作と映画の内容は多少違うところもありますので、両方見ることで色んな方面からの発見があり、より楽しめるのではないでしょうか。

 

「この世界の片隅」には、主人公すずと周作の祝言の日の夜に繰り広げられる“傘の押し問答”のシーンがありますが、傘の意味が分からないという人も多いようです。

 

今日はこの世界の片隅にの”傘”の意味も含めて考察していきたいと思います。

 

18歳で結婚!

主人公すずは18歳の時に顔もみたことがない男性と結婚し、生まれ育った土地を離れることに。

 

祝言を挙げる前に、すずのおばあちゃんがすずにあるアドバイスをします。

 

祖母:「向こうの家で祝言を挙げるじゃろ?」

 

すず:「うん」

 

祖母:「その晩に婿さんが“傘を一本持ってきたか?”と言う」

「ほしたら“新なのを一本持ってきました”と答える」

「さしてもええか?」と聞かれたら、「どうぞ」と答えるんじゃ」

 

このような話を、ずすが嫁ぐ前におばあちゃんから話されます。

 

傘の意味!

映画の中ですずはその意味を理解しているようでしたが、実際にその時になるととても緊張している様子でした。

 

すずが嫁ぐ日、すずの荷物の中には“新しい傘”がしっかりと入っていました。

 

新婚初夜に周作からすずに、おばあちゃんのアドバイス通りの

 

「傘を一本持ってきたか?」

 

という質問が。

 

緊張しながらも意を決したすずは「新しいのを一本もってきました」と答えます。

スポンサーリンク





緊張する二人!

周作は本当にすずから傘を借り、その傘を使って軒に吊るしていた干し柿を取り、その柿を2人で仲良く食べることになり、ちょっとした笑い話になってしまいました。

 

緊張しているのはすずだけかと思いきや、じつは 周作も緊張をしていたようです。

 

この傘で柿を取るという一件で、2人の緊張はほぐれその後良い雰囲気に。

 

という訳で、新婚初夜の件は一件落着したのですが、この“傘”のやりとりは柿の木問答の一種で、男女が初めて特別な関係になる際の定型のやり取りになります。

 

実際の柿の木問答は、

 

夫:「あんたの家に柿の木はあるか?」

妻:「あります」

 

という風になるのですが、この柿の木が“傘”に変わったという訳です。

 

キーワード!

“傘”は夫婦の夜の営みに合意を得るためのキーワードの1つで、昔は、結婚する相手と祝言の日に初めて会うことなんていうのはざらで、そんな人と新婚初夜の営みをスムーズに終わらせるためにこのようなやり取りを行うというのが当たり前の時代でした。

 

この新婚初夜の儀式のようなやり取りは昭和初期位まで続けられていたと言いますが、恋愛をして結婚をするというような流れがある現代では、そんな煩わしいやり取りは必要なくなってしまったというのが現状。

 

そのため、この柿の木問答のやり取りを全く理解できなかった若い人が多かったのは言うまでもありません。

 

あからさまに新婚初夜のことを表現するのはちょっと…と、原作の漫画家こうの史代さんも考えたのかもしれません。

 

確かに、この傘の件のほうが夢が膨らむかもしれませんね。

 

ストーリー変更!

さてさて、すずと周作夫婦の話に戻るのですが、2人は実は祝言の時に初めて会ったのではなかったという話があります。

 

小さな頃にすずと周作は会っていたという過去やすずを見かけた周作が、すずを嫁に欲しいと頼みに行ったというような話。

 

漫画の中では、周作は遊郭のリンという女性に熱を入れていたのですが、映画ではその部分はカットされています。

 

原作の漫画を読んだことがある人は、遊郭の女性と一緒になることを反対された周作が、1度見かけただけのどこの誰か分からないすずを結婚相手として選べば、他の人と結婚せずにリンさんと一緒にいられると考えたのでは?というような推測をしている人もいるようなのですが、映画ではそれがカットされており周作とすずは幼い頃に会っていたというようなロマンチックなエピソードに変わっているようです。

 

映画ではリンさんは少ししか登場しないのですが、原作の漫画では周作がリンさんのお店に通っている姿が描かれており、映画は子供さんも見ることからそのような部分はカットされてしまったのかもしれません。

 

原作との違いを楽しむ!

原作漫画を見た事がある人は、アニメ映画でも忠実に再現して欲しかったというような意見を持っている人もいたようですが、問題も色々あるのでしょう。

 

原作と映画を見比べてみるというのも映画の楽しみ方の1つかもしれませんね。

 

周作はリンさんへの思いを吹っ切り、すずとの新しい未来に向けて出発する訳なのですが、遊郭のリンさんのところに周作が通っていたとなると、新婚初夜の柿の木問答の後、緊張していたのは周作も同じというのはちょっと違ってきてしまいます。

 

アニメ映画としてロマンチックに話しを進めるのであれば、遊郭のリンさんに周作がゾッコンだったという件は無かった方が良かったということになります。

 

柿の木問答の柿が「この世界の片隅に」では、“傘”に変わったというだけの簡単な話なのですが、原作漫画も映画も両方見た人にはこのやり取りに違和感を覚えたのかもしれません。

 

“傘”については色んな疑問を持っている人がいます。

 

すんなり受け入れるか、深く考えるかはその人次第ということですね!

 

合わせて読みたい「この世界の片隅に」情報はこちら!

この世界の片隅にのネタバレ注意!ヒサオは誰が?そしてヒサオとは?

この世界の片隅に ネタバレ注意! 妹すみちゃんの腕のアザにはどんな意味が?!

この世界の片隅に ネタバレ注意!新婚初夜について!

最後に一言!

 

7月から実写版ドラマとして放送される「この世界の片隅に」ですがこう言った形で予習をしてもとっても楽しめそうな内容になりそうです。

 

特に原作との違いや人それぞれの見方もあるので話題をさらいそうですね。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを「いいな」と感じて頂けましたら、下のSNSボタンをポチっと押して頂けるととても嬉しいです。



スポンサーリンク

Pocket

【Hulu】全ての作品がインターネットで見放題でコスパ抜群

『毎週見てたドラマ見逃しちゃった・・・』
『映画もアニメも海外ドラマも全部見たい・・・』
『けど操作が難しそう・・・』
『契約ってどうやってするの・・・』
『見放題ってことは月額高そう・・・』

見たい番組がたくさんあるけど、
どの動画サービスがいいのか分からないし不安・・・

とお考えの方は
非常に多くいらっしゃいます。

そんな方にオススメのサービスを
ご紹介します。

はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

スポンサーリンク