はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

Pocket

スポンサーリンク





この世界の片隅に ネタバレ注意!新婚初夜について!

アニメ映画「この世界の片隅に」で主人公すずが、周作の元に嫁いだのは18歳の時。

 

嫁いだからにはやってくる新婚初夜というものですが、それを上手くこなすためにおばあちゃんからすずにアドバイスがありました。

 

おばあちゃんからのアドバイス!

「結婚式の晩に花婿が“傘を一本持ってきたか”と言うから、そうしたら“はい 新(にい)なのを一本持ってきました”と言いなさい。」

 

「そして、“さしてもええかいの”と言われたら“どうぞ”と返せ」と。

 

「…なんで?」と問うすずに対して、おばあちゃんは「何でもじゃ」と答えます。

 

映画の中のすずはその意味を理解しているようでしたが、実際にその時がくると少し緊張している様子のすず。

 

周作から「傘を一本持って来たか?」と問われ、意を決して答えたものの、結局は持ってきた傘を柿を取るために使った周作。

 

緊張しているのはすずだけかと思いきや、周作も緊張していたようですね。

 

昔会っていた!

そこでふとすずは、昔周作に会ったことがあるのでは?と思い始め、周作に問うと、「えらい小さい頃に。あんたは憶えとらんじゃろうが」と。

 

どうやら、すずと周作は幼い頃に本当に出会っていたよう。

 

すずが実家で育てたの野海苔をお得意さんに届ける際に、鬼にさらわれ背負い籠の中に捕らわれてしまいます。

 

そして、その籠の中にはすずと同じように捕らえられた男の子が。

 

その男の子が実は、周作だったというのです。

 

もしかして、これは運命では?!と思ってしまいますよね。

 

すずと周作!

鬼に捕らえられたすずと周作は鬼を見事に騙し脱出に成功。

 

すずはお使いの続きを、周作はお父さんと共に町に消えていくといった過去の話があります。

 

この鬼については、正体は不明なのですが、

 

軍人となり戦死したとされているすずのお兄ちゃんが時空を越えて2人を出会わせたのか?

 

すずの空想の中の話なのか?

 

など、謎は多いのです。

スポンサーリンク





キーワード!

この映画のキーワードにもなっている台詞「ありがとう。この世界の片隅に、うちを見つけてくれて」の後に鬼が登場するのが何とも意味ありげなのですが…。

 

「この世界の片隅に」は原作とアニメ映画では異なることがありますので、原作だけを見た人や映画だけを見た人はそれぞれ捉え方が異なるかもしれません。

 

両作品を見た人は、片方しか見ていない人よりも空想の幅が広がるようなのですが、2人の初めての出会いともなるこのシーンが、ドラマではどのように表現されているのか楽しみです。

 

さてさて、話はかなり脱線してしまったのですが、新婚初夜の話に戻るとしましょう。

 

周作の気遣い!

儀式的な新婚初夜の会話をしたものの、何だか照れくさい様子の周作でしたが、「今回は急いで済まんかった。よう来てくれたのう」と、とても緊張しているすずを思いやる態度を示した周作を見てキュンとした人も多かったのでは?

 

そして、そんな優しい周作の態度に緊張が解れたのか、2人はなんだかんだと良い感じになってきてキスを交わし…という訳です。

 

新婚初夜のこのやり取りを不思議に思った人は多かったと思いますが、当時はお付き合いをしてから結婚というような現代の流れはなく、初夜で初めて夫婦が顔を合わすなんてことはざらで、そんな時に夫婦初夜の営みに合意を得るためにこのような押し問答が用いられるのが定番だったよう。

 

柿の木問答!

このようなやりとりは「柿の木問答」というものの一種で、柿の木問答というのは新婚初夜に、

 

新郎「あんたの家に柿の木はあるか?」

新婦「あります。」

新郎「俺が登って、もいでも良いか?」

新婦「どうぞ」

 

このようなやり取りを交わします。

 

この柿の木問答の意味はというと、

 

“熟れて食べ頃になっている柿=新婦”

 

それを、「俺が取って食べちゃうよ。」という意味で、すずが教えられた傘の件もこれと同じで、その地方地方で言い回しが少し異なりますが、意味は同じということになります。

 

集落独自の問答!

もちろん周作も新婚初夜に傘の件があるのは知っていましたので、ある程度物心がついた時に親から新婚初夜にはそのような事を言うということを教えられていたのだと思います。

 

「この世界の片隅に」は広島を舞台にした物語なのですが、広島の民俗学によると「新しい傘を持ってきました」という表現は山の方の集落で交わされていた押し問答だそう。

 

周作がこの押し問答の途中で、傘を使って柿を本当に取ってしまったエピソードは笑えますが、すずさんの緊張をほぐそうとしたと考えれば微笑ましくもあります。

 

映画では新婚初夜の押し問答について詳しい説明がないので、「?」と思いきや、聞き流している人も多いかもしれませんが、新婚初夜の合言葉だということが分かれば、「なるほど」と納得するはずです。

 

無事、新婚初夜を迎えたすずと周作ですが、その後、出会った頃とは違いお互いのことを徐々に好きになってくるのですが、なかなか子供を授かることができないすず。

 

合わせて読みたい「この世界の片隅に」情報はこちら!

この世界の片隅にのネタバレ注意!傘の意味を考察してみた!

この世界の片隅にのネタバレ注意!ヒサオは誰が?そしてヒサオとは?

この世界の片隅に ネタバレ注意! 妹すみちゃんの腕のアザにはどんな意味が?!

 

すずが好きだった人!

すずには元々好きな人が別におり、その人がある時すずの元を訪ねてきます。

 

その時に気をきかして二人っきりにしてあげた周作に対し、すずは「自分に子供ができないのでどうでも良いと思っているのか」と少し自暴自棄に。

 

そのころには昔好きだった男と自分を二人っきりにさせた周作に「ハラが立って仕方ない」と気持ちを露にしていることから考えると、この時にはすずは周作のことを“好き”になっていたのだと思います。

 

周作は周作で、すずを縁もゆかりもない土地に連れてきたことを負い目に感じていたこともあり、すずの思い人が訪ねてきたことに腹を立てていたようです。

 

何だかんだ言いながら2人はいつのまにか愛し合っていたのですね♪

 

このブログを読んで「いいな」と思ったら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。



スポンサーリンク

Pocket

【Hulu】全ての作品がインターネットで見放題でコスパ抜群

『毎週見てたドラマ見逃しちゃった・・・』
『映画もアニメも海外ドラマも全部見たい・・・』
『けど操作が難しそう・・・』
『契約ってどうやってするの・・・』
『見放題ってことは月額高そう・・・』

見たい番組がたくさんあるけど、
どの動画サービスがいいのか分からないし不安・・・

とお考えの方は
非常に多くいらっしゃいます。

そんな方にオススメのサービスを
ご紹介します。

はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

スポンサーリンク