Pocket



スポンサーリンク

カカロニ菅谷直弘が決めたヘディングは羨望の的になる!

世の中には、たった数秒で世界的なスターになる人がいます。

 

まさに、持っている人ですね。

 

日本vsセネガルで国際映像に流れた、とある日本サポーターが時の人になっているってご存知でしたか?

 

その名も「菅谷直弘」という人物です。

 

一体、どういうことなのか?を見ていきましょう。

何故、世界的なスターになったのか?

事の発端は、セネガルの選手がシュートを打ち大きく外れて観客席にボールが飛んでいったときです。

 

通常であれば、怖くて手を出してしまうところ、なんと菅谷直弘という人物はヘディングをしたのです。

 

しかも意外とキレイに下に叩きつけているため、思わず「すげー」と見た人を驚かせてくれたわけですね。

 

試合終了する前から、SNSなどネット上がざわつき始め、終了後、一気にヒートアップしていきます。

 

トレンドサーチの上位に入るなど、一躍注目を浴びることに。

 

海外メディアも、このシーンを大きく取り上げ、サッカーファンからも「ファンも凄いぞ日本は!」となったわけです。

 

お笑いコンビ「カカロニ」の菅谷直弘!

実は、この人、お笑い芸人をやっている人です。

 

サッカー好きの芸人で日頃からボールを蹴って楽しんでいるよう。

 

菅谷本人は、上手いわけではないと言っていますが…。

 

あのヘディングを見ると「いやいや、なかなかのものでしょ」と感じさせてしまいますよね。

 

ともあれ、お笑い芸人ではありますが、テレビの仕事でロシアを訪れたわけではなく、ただただワールドカップサッカーを楽しみに、そして本気で日本を応援しにいっただけだそうです。

 

そこにたまたまボールが飛んできて、思わずヘディングをしてスターになるなんて、本当に凄いの一言ですよね。

 

残念ながらお笑いコンビ「カカロニ」としては、まだまだの知名度でお笑いの勉強中らしいですが。



スポンサーリンク

コメントがかなり熱い!

「僕も気持ちは選手とともに闘ってました。身体はスタンドでも気持ちはピッチにあったんです。その結果、こっちに飛んで来た、セネガルのエンディアイエ選手のシュートを、咄嗟(とっさ)にヘディングで跳ね返してしまいました」(引用「カカロニ菅谷のまずやってみるブログ」より:https://ameblo.jp/waratta-mon-gachi/)

 

上記が、カカロニ菅谷のブログに掲載されていた文章です。

 

熱すぎます。

 

日本サポーターの鏡と言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

今回「大迫半端ない」「カエルの一平くん」「カカロニの菅谷」と、日本代表の活躍に比例して、サポーターの活躍も凄いことになっている大会になっているのではないでしょうか。

 

サッカーを心底楽しんでいるからこそ羨望の的に!

このカカロニ菅谷直弘という人物が日本に与えた影響は思っている以上に大きいと言ってよいでしょう。

 

というよりにも世界に大きな影響を与えている最中です。

 

何故か?

 

サッカーを心底楽しんでいるからです。

 

「こんな風にサッカーを楽しめるなんて幸せそうだな」「カカロニ菅谷さんみたいな楽しみ方をしたい!」「こんな熱い気持ちで日本代表を応援したい!」など、多くの賛同の声が上がっているのです。

 

この声は、日本のみならず、世界中で起こっている現象です。

 

賛同というよりも、どっちかというと羨望の的になっていると言ったほうがよいかもしれませんね。

日本戦全てを観戦予定とのこと!

さて、大きな注目を浴びているカカロニ菅谷ですが、残りの日本戦も応援していくようです。

 

したがって、またヘディングを期待されてしまうかもしれませんね。

 

そうそうボールは飛んでこないので、なかなか難しいことは間違いありませんが…それでも期待をしてしまいますよね。

 

もし本当に飛んできたら、間違いなく持っている人間であり、間違いなく大大大ブレイクすること間違いありません。

 

日本が決勝トーナメントに行けるか?行けないか?という緊迫したゲームなので、余裕を持って楽しむことはできませんが。

 

ふと緊迫している場面で出て日本中のファンを、そして選手たちをリラックスさせて欲しいなと勝手に思っています。

 

それだけ凄いことをした人ですからね。

 

最後に一言!

 

ともあれ、これだけでも既にブレイクしているため、帰国後もコンビで活躍して欲しいと願います。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

 

 

 

 

Pocket