Pocket



スポンサーリンク

サイゲームス 渡邊耕一社長 出身!

 

 

グランブルーファンタジー」や「神撃のバハムート」、「アイドルマスター」や「SHADOWVERSE」などの人気ゲームでお馴染みの「サイゲームス」という会社をあなたはご存知ですか?

 

最近ですとお笑いイベントの「THE MANZAI」や「M-1」もスポンサーになったりととても儲かっている様子ですよね?

 

何を隠そう私自身も「グランブルーファンタジー」にはハマっていまして相当課金をしてまいりました。

 

とてもいいゲームを作っていることは間違いないので、儲かるのは当然かもしれません。

 

そしてあの任天堂さんと手を組むことを発表したり凄いな~と思いました。

 

そんな会社の社長さんがどんな人なのかとても気になったので調べて参りました。

■渡邊耕一社長とは?

 

サイゲームスが成功した最大の要因はこの人だと言われています。

 

渡邊耕一社長の前職は『シリコンスタジオ』という会社ででゲーム開発をしていたようです。

 

シリコンスタジオもスマホゲームの開発などをしており、代表作は「三国志カードバトル」です。一度は聞いたことありますよね?

 

渡辺社長はその時の経験をサイゲームスで生かしたようです。

 

サイゲームスはサイバーエージェントのグループ会社で、2011年創業の若い会社です。

 

それをこれだけの会社にするのですから凄い手腕なのは間違いないでしょう。

 

渡邊耕一社長の出身は?

 

実は渡辺耕一社長の詳細なプロフィールの情報が無かったのですが、佐賀県伊万里市出身という事までは分かっています。

 

地元に対する思いが強いのか、地元のサッカーチームである「サガン鳥栖」のユニフォームスポンサーを務めたりもしています。

 

更にサイゲームスは、渡邊耕一社長の意向からか佐賀県佐賀市への進出を4月27日に表明しました。

 

2020年までに約120人の地元雇用を計画しているそうです。

 

今本当に地方は仕事がなく錆びれてしまっている所が多いので正に救世主といった所かと思います。

 



スポンサーリンク

 

渡邊耕一社長の評判!

 

調べてみると印象的だったのが、「仕事の鉄人」という表現や「仕事にはとても厳しい人」という声でした。

 

まああれだけのゲームを作るのですから当然かもしれません。

 

他には「一目見たら忘れられないインパクトがある」とか「いつもむすっとしている」という意見もありました。

 

職人気質なのかもしれませんね。

 

まだお若い印象もありますがとてもしっかりした方のようです。

 

佐賀県は人材の宝庫!

 

 

サイゲームスの渡邊耕一社長以外にも佐賀県は数多くの実業家を輩出しています。

・孫正義(ソフトバンクの創業者)鳥栖市

・江崎利一(江崎グリコの創業者)佐賀市

・本野盛亨(読売新聞の創業者)

・森永太一郎(森永製菓の創業者)伊万里市

・岡崎藤吉(神戸海上運送保険、現あいおいニッセイ同和損害保険の創業者)

凄いビッグネームばかりです。

 

私なんかですと佐賀県と言えば、お笑い芸人の「はなわ」さんが真っ先に上がってしまいます。(笑)

歌がとっても印象的でしたので。

 

こちらも必見!サイゲームス情報!

サイゲームスとユベントスの契約金額は?渡邊社長の狙いと海外の反応は?

 

最後に一言!

 

本日(2018年4月27日)に任天堂とサイゲームスがスマートデバイス向けのゲームアプリ事業で業務提携を発表!というビッグニュースが舞い込んできました。

 

あの任天堂と提携することがどれくらい凄い事かはそれなりに分かっているつもりなので、今回記事にしてみました。

 

一代で、しかも短時間でこれだけのレベルの会社にしてしまった渡邊耕一社長!

 

私の願いは、是非サイゲームスらしさを失わないで今後も良いゲームを作り続けて欲しいと思いました。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

Pocket