Pocket

ドラマ“高嶺の花”で地味に注目の引きこもりの堀江宗太とは?

ドラマ「高嶺の花」第1話を見終わり、ふと気になったのが引きこもり中学生の堀江宗太の存在。

 

役的にとても難しい役のように思えるのですが、難なく役をこなしているように見えます。

 

一体、彼は何者なのでしょう?!

 

メガネの引きこもり男子中学生、堀江宗太役の彼について色々調べてみることしましょう。

 

引きこもり中学生、堀江宗太を演じているのは?

ドラマ「高嶺の花」で引きこもりの男子中学生を演じているのは、子役の舘秀々輝くん。

 

彼について調べてみると、

 

名前:舘 秀々輝(たて ひびき)

生年月日:2003年11月2日(14歳)

出身地:群馬県

身長:161cm

所属事務所:テアトルアカデミー

 

と、デビューして間もないせいか、情報はあまり出ていないようです。

 

これまでどんな作品に出演しているのかというと、

 

・2017年12月 ローソンCM

 

・2018年1月4日放送「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW」

 

・2018年5月25日、27日 第11回ルナティック演劇祭「オノマトペイント」

 

・2018年7月11日~ ドラマ「高嶺の花」

 

ドラマ初出演にしては演技上手くない?!と驚きました。

 

これからに期待ができそうな子役さんですね。

 

高嶺の花の見逃し配信はこちらから!こちらから登録すると2週間無料!2週間の無料期間だけでもかなり楽しめますよ!

ドラマ「高嶺の花」の堀江宗太の役柄は?

子役の舘秀々輝くんがドラマ「高嶺の花」で演じている堀江宗太はどんな役柄なのかというと、ひきこもり中学生14歳という設定。

 

第1話から登場している堀江宗太ですが、石原さとみさん演じる月島ももや峯田和伸さん演じる風間直人とも今後大きな関わりがありそうな予感が。

 

「心を閉ざした中学生」の役ということなのですが、思春期や反抗期が重なりかなり荒れている様子。

 

引きこもりに不登校、反抗期に思春期と至難の技のオンパレード。

 

なかなか難しい役柄を舘くんは上手にこなしています。

 

舘くんが堀江宗太としてドラマ「高嶺の花」に登場したのは、第1話が開始して3分の1位のところ。

 

直人を含む商店街メンバーたちの恩師でもある三宅吉行が、今村佳代子が経営するスナック喫茶「ボンソワール」に堀江宗太を連れてやってきます。

 

三宅先生がいつもの調子で喫茶店に訪れたのかと思いきや、お目当ては直人。

 

「風間くん、取り敢えず1日、2日良いかな?」

 

と、以前から何か約束を交わしていたよう。

 

それに「はい。」と頷く直人。

 

佳代子は「例のやつ?」と内容を知っているようでしたので、もしかすると打ち合わせはスナック喫茶「ボンソワール」で行われたのかもしれませんね。

 

その後、三宅先生に半ば無理やり連れて来られた様子の堀江くんが。

 

黒縁のメガネが印象的で、肩から大き目のスポーツバッグをかけ、いかにも中学生風な感じで登場。

 

かなりひねくれてる感は出ていました!!

 

堀江くんが登場した時に、「アッ!」と佳代子の娘、芽衣が声を発していたということは同じ中学に通っているのかもしれませんね。

 

堀江くんは14歳、芽衣は13歳ということで、学年まで同じかどうかは分かりませんが、全く知らない中という訳ではなさそうでした。

 

その後、直人が「行こうか。」と声をかけ、ももを含めた4人がお店を後にして歩き出します。

 

「最近の若い教師は重圧に耐えられないんですよね。」と堀江くんを直人に合わせた理由を少しももに話す三宅先生。

 

担任を担当した三宅先生が堀江くんの身元引受人になったそうなのですが、ももからの「何をしたんです?あのこ。」の問いかけにはプライバシーからなの言葉を濁します。

 

「風間くん、彼のことが思い浮かんでね。」「彼優しいですから。」という三宅先生の言葉に対し、ももが「お人よし?だから彼に問題のある生徒を押し付けるの?」と毒を吐く。

 

三宅先生はそれを否定しつつも、直人が優しいだけではなく不思議な生徒だったと明かす。

 

そんな2人の会話中、直人は堀江くんの腰に手を回し、少し強引気味にどこかへ連れて行っているようでした。

 

ももの自転車が直り、直人とももがお店の前で会話をしていた際に、店から堀江くんが出てくるシーンがありましたので、あの後、堀江くんは直人の家に一緒に帰ったよう。

 

堀江くんが三宅先生に身元引受人になってもらわなければいけないほどの、どんな問題を抱えているのかこの時は分からなかったのですが、直人が堀江くんの面倒をみているようですので、三宅先生に代わり彼を更生させるというのが直人の役割のようです。

 

いじられる堀江くん!

直人に「どこ行くの?」と尋ねられるも、「うるせぇ」と返答する堀江くん。

 

ももには「コンビニでチョコかポテチでしょ?だからこんなお肉ついてポッチャリ」とバカにされ、だいぶんお怒りモードの堀江くん。

 

「運動したら?私のチャリ貸してあげるよ?という突拍子も無いももの発言に、直人も「それ良い!賛成です。」と同意。

 

自転車で“一人旅”に向かうことを堀江くんに勧める直人だったが、「お前らふざけんな!!」と堀江くんは走り去ってしまう。

 

堀江くんに対する2人の会話は、相応しいものかどうかはよく分かりませんが、これまで腫れ物に触るような感じで接してこられた堀江くんにとっては、新鮮な対応だったのかもしれません。

 

「あれだけ憎んじゃったら、人じゃあ救えない」という直人の言葉からすると、堀江くんが抱える心の闇は相当深いのではないかと思われます。

 

直人の家を飛び出した後、堀江くんはどうやら自宅に戻った様子。

 

自宅では母親に暴力を振るい、部屋の中をメチャクチャにする堀江くんの姿が。

 

「宗ちゃんゴメンね」と誤る母親に対し、「うぜぇ。ぶっ殺すぞ!」と暴言を吐く堀江くん。

 

怯えきった母親の顔にはアザが出来ており、堀江くんは日常的に荒れ、母親に暴力を振るっていたことが分かりました。

 

堀江くん自身も、自分のやりどころのない怒りをどうすれば良いのか分からず、母親に暴力を振るったり物を破壊したりすることで怒りを発散させていたのかもしれません。

 

「いねぇ方が良いんだろ?」と家を出る堀江くん。

 

家を出たところには、お母さんから連絡を受けていたのか、三宅先生と直人の姿が。

 

「どいつもこいつもふざけやがって」と怒りを露にする堀江くんでしたが、直人の手にはもものアイデアを取り入れた“日本一周”の旗を掲げた自転車が。

 

「俺なんか死にゃあいいんだろ?うぜぇんだよ皆」とヒートアップする堀江くんを横目に直人は優しく、「さぁ、夏休みの冒険に出掛けよう」と声をかけます。

 

「大丈夫。何とかなるよ」と堀江くんの耳元で囁く直人から、自転車を奪い取り「ふざけんな!」と何度も繰り返しながらどこかへ行ってしまった堀江くん。

 

堀江くんは本当に“日本一周”の旅に出てしまったのでしょうか?

 

母親に暴力まで振るう堀江くんの心の闇はなかなか深そうですが、自転車で旅に出ることで何か改善されるのでしょうか。

 

あれ位の歳の男の子を育てるのはなかなか大変だなと感じましたが、自分が堀江くんの母親の立場なら、やはり他人に助けを求めるのかもしれません。

 

同じような悩みを抱えている人はたくさんいると思います。

 

ドラマ「高嶺の花」のような対応が正解かどうかは分かりませんが、何かヒントになれば良いなと思いました。

 

高嶺の花の見逃し配信はこちらから!こちらから登録すると2週間無料!2週間の無料期間だけでもかなり楽しめますよ!

Pocket