Pocket

スポンサーリンク





七夕の飾りを作りたい方必見!折り紙の折り方を徹底解説!

 

ここ最近気温も上がり、徐々に夏の気配が近づいて来ましたね!

 

夏になるとすぐにやってくるイベントの一つに「七夕」がありますよね。

 

お子さんのいるご家庭では、お家でも七夕飾りを作ったりするのではないでしょうか?

 

一緒に家族で楽しめるイベントなので、飾りを作りたい!と思っている方もいますよね。

 

でもどうやって作ればいいのかわからない、そんな時こそ折り紙が大活躍してくれます。

 

折り紙さえあれば、たくさんの種類の七夕飾りを、簡単に楽しく作れてしまうんですよね。

 

そこで今回は、折り紙で簡単に作れる「七夕」の飾りをご紹介したいと思います!

 

【星】

 

星は七夕にも欠かせない飾りですよね。

 

折ってハサミで1回だけ切るだけなので、ものすごく簡単です!

 

「用意するもの」

・折り紙

・ハサミ

 

①まずは折り紙を長方形に半分に折り曲げます。

②次に折り曲げた部分を下にした状態で、右下の角を上に合わせ三角を作るように折り曲げます。

③今度はもう一度開いて、右上の角を下に合わせ三角を作るように折り曲げます。

④先ほどの長方形の形に戻してから、右側で作った折り目の重なっている部分、ちょうどバツ印のように折り目ができていると思いますが、そのバツ印の真ん中に、今度は左下の角を合わせるように持っていきます。

⑤次に、バツ印まで持っていった角を、反対側の辺に合わさるように折り返します。

⑥今度は、下に残っている辺の部分を、クレープ状に折られている辺に合わせるように折り曲げます。

⑦そして裏返しましょう。

⑧裏返したら、右側の辺と左側の辺を合わせるように折り曲げます。

⑨折り曲げたらこのようにハサミで切ります。

切るとこんな感じになります。

 

⑩最後に広げたら、綺麗な星のできあがりです!

 

ハサミも1回しか登場しないので、小さなお子様でも危なくありませんよね。

 

星を何個も作ってノリで縦につなげでも、可愛くできちゃいますよ!

 

折ってハサミできるだけ、時間もかからず失敗知らずなので、ぜひ一緒に作って見てください!

 

 

【吹き流し】

 

「用意するもの」

・折り紙

・ノリ

・ハサミ

 

①折り紙の上部を2センチ程度裏から表側に折り曲げます。

 

折った部分はしっかりとのり付けしておきましょう。

②折った部分を残して、下の部分を1.5㎝感覚で切り込みを入れます。

綺麗に切りたい場合は裏側に鉛筆で線を引いても良いでしょう。

 

③切り込みが入ったら、上部の端と端をくっつけてノリ付けします。

切り込みを入れた部分にはノリは付けないようにしましょう。

 

⑤くっつけたら完成です!

 

上部にパンチで穴を開けて、紐を通せば笹に飾れますし、歳ほどの星と合体させても可愛いですね!

 

これならお子さんに任せていても大丈夫、切り込みだけ大人の方がするようにしましょう。

 

【提灯飾り】

 

「用意するもの」

・折り紙 2枚

・ハサミ

・ノリ

①折り紙を8分の1サイズに切ったものを2枚用意します。

その紙を、新しいもう一枚の折り紙の上下にノリで貼り付けます。

②貼り付けたら、貼り付けた部分を内側に折り曲げ、また戻します。

③全体的に半分に折り曲げます。(この時上下に貼り付けた部分が来るようにします)

④半分に折った状態で、折り紙を貼り付けた部分を上にして、何もしていない部分をハサミでだいたい1.5㎝感覚で切り込みを入れます。

⑤切り込みを入れたら、折り紙を広げ上部の端同士をノリでつなげ、筒状にします。

⑥筒の半分のところに折り目が入っているので、上下から少し力を入れ抑えつけるようにして膨らみを持たせましょう。

⑦完成です。

 

 

提灯はハサミの回数が多いので、ちょっと小さなお子さんだと危ないかもしれません。

 

切る部分と折る部分、のり付けする部分を大人と分担して作ってみましょう!

 

提灯も上部の頑丈な部分に、パンチで穴を開けたら紐を通すことができます。

 

金色の折り紙を使ったりすると、光って提灯らしくなるので、様々な柄や色で試してみてくださいね!

 

こちらもチェック!七夕の折り紙の折り方!

七夕の飾りの作り方を解説!折り紙で簡単な笹の作り方はこれ!

 

【天の川】

 

織姫と彦星のお話にも出て来る天の川。

 

実は天の川も、折り紙で作ることができるのです!

 

早速チャレンジしてみましょう!

 

①折り紙を長方形に半分に折り曲げます。

②さらにまた両端を真ん中にできた折り目に合わせて、折り曲げます。

③またさらに、同じように真ん中に合わせて両端を折り曲げます。

④今度は全部広げ、じゃばらの状態に折り直します。

⑤じゃばらの状態に折れたら、今度はぎゅっと縮めて、1㎝感覚の幅で線を交互に引いていきます。

完全に引いてしまわないように、端は開けておきましょう。

 

⑥線を引いた部分を、ハサミで切っていきます。

⑦切り終わったら、破れないように気をつけながら広げていきます。

⑧広げ終わったら縦に引っ張ります。

⑨これで天の川の完成です。

 

細かな作業がいるので、大人の方と一緒にお子さんも作るようにして、丁寧にしないといけない部分は大人の方が手伝ってあげましょう。

 

流れるような天の川、縦にいくつか切っておくと、短冊と一緒に飾ることもできます!

 

伸ばす部分が大変なので、破れないように注意しましょうね!

スポンサーリンク





 

【織姫・彦星】

 

七夕のメインとなる織姫と彦星も、折り紙で作って、笹に飾り付けてみましょう!

 

少し難しい部分もあるので、大人の方がメインで作ってあげると良いですね。

 

それでは早速作ってみましょう!

 

 

【体・織姫】

 

①折り紙を長方形に半分に折ります。

②さらにその半分に折ります。

③半分の状態から左上の角を右下に重ね、三角形を作ります。

④そこから袋の状態にして大きな三角形を作ります。

 

⑤反対側も同じようにして…

⑥作った三角形の右上部の辺を真ん中の折り目に合わせて折ります。

⑦折った部分を膨らませて袋状にし、折り目をつけます。

こんな風にしましょう。

⑧一度開きます。

 

 

⑨開いたら折り目に合わせて左右上部の袋状にして、犬の耳のようにします。

⑩下の角を内側に1枚分だけ折り込み、白い部分を裏側に少し折り曲げます。

この時、上部の尖った部分には合わせないようにしましょう。

⑪次に左側上部の角を真ん中より右側の袋に寄せるように折り曲げます。

⑫反対側も同じように折り込みます。

⑬次に折った部分の半分ほどを、裏に返すように折り曲げます。

 

 

反対側も同じようにして…完成です!

 

これで体の部分が出来上がりました!

 

次は頭の部分にいってみましょう!

 

【頭・織姫】

 

①折り紙を三角形に半分に折ります。

②さらにまた半分に折ります。

③広げて、下の角を真ん中の折り目が重なっている部分に折り込みます。

④折り目ができたら一度開いて、さらにその半分に折り込みます。

⑤折った小さな角の部分を内側に、真ん中の折り目から約1㎝ほど手前で折り込みます。

⑥折った下の部分を同じぐらいの大きさで畳むように折り込み…

折った部分を少し浮かせて…

中に隠すように折り込みます。

展開するとこんな感じですね。

⑦折り込んだ部分をさらに浮かせて…

袋状にしたら、外に出します。

ここは少し難しいかもしれませんが、尖った部分が外に出るように頑張ってみましょう!

⑧左右同じようにできたら、次は真ん中の部分を裏側に折り、大きく出た上の尖っている部分をダン折りにして小さくします。

⑨これで完成です!

⑩体とノリ合体させたら、織姫の完成です!

この調子で、次は彦星です!

 

【体・彦星】

 

①折り紙を長方形に半分に折ります。

②さらに半分に折ります。

③大きな三角を作ります。

両方同じにしましょう。

 

④一度開いて、大きな三角形にします。

⑤上部折り目のついた部分に沿って、そのまま袋状にはせず三角に折ります。

⑥その後袋状にします。

⑦袋状になった部分を、折り目に沿って半分に折ります。

⑧半分に折ったら、左側と右側に白い三角形があるので、つまんで…交差させます。

ここはとっても難しいです!

 

コツは展開させながら引っ張り、折り込むとなんとなく折り目に沿って動いてくれます。

 

⑨この状態まで、できたら…

⑩真ん中の大きな色のついた部分これを開くようにして…

 

⑪横に引っ張ると伸びて、このようになります。

左右同じようにして…

 

⑫両側の角を裏に折ります。

下の白い部分も上に少し折り込みます。

⑬両側の広がった部分を内側に折り曲げ、裏に織り込んでいた角の部分も見えないように裏に織り込むと…

体の完成です!

 

【頭・彦星】

 

頭の部分は途中から行ってみましょう!

 

①織姫のこの状態まで作ります。

②次に下の部分を上に折ります。

③左右を裏側に折り込みます。

④体の部分と合わせると…完成です!!

織姫と彦星はちょっと難しい部分が多かったですね!

 

写真だけではわからない部分は動画などでもチェックしてみましょう!

 

いかがでしたか?

 

折り紙は千代紙で作ると、より一層華やかになります。

 

またあらかじめお子さんに絵や柄などを書いてもらっても楽しいですね!

 

七夕もいつものようにマンネリを感じたら、今年はご家族で楽しく折り紙で作って、いつもとはちょっと違った七夕を楽しみましょう!

スポンサーリンク





Pocket