Pocket

これがライザップの底力!女優佐藤仁美、余計な一言で波乱を呼ぶ!

どや顔で「私は痩せましたよ!」と視聴者を圧倒させるベテラン俳優たち、梅沢富雄も

ライザップで自分の体の変化をイメージアップさせた。



スポンサーリンク

そして次の挑戦者に佐藤仁美さんに白羽の矢が射られた。

さてライザップに挑戦する佐藤仁美さん、実は最近成功をして公に姿を見せ自分の肉体美を誇ったとされるが、だからといって簡単には痩せられないもの。

ダイエットとなれば必然に食事管理は必要です。まずは佐藤仁美さんを知らない方の為に、どのような活躍されているか調べてみましょう。

佐藤仁美さんの最近の活躍についてご紹介!

佐藤仁美さんは元グラビアアイドル。若いときは清純なキャラだったのですが、性格が悪いという評判です。

様なドラマの配役が多く実際私生活でもそのような性格なのか?と思われるほどです。

NHK朝ドラ「ひよっこ」では洋食屋「すずらん亭」のウェイトレス役で陰湿にねちねちと

新人ウェイトレスである主人公をいじめる「小悪魔的キャラ」がぴったりとフィットしています。

とにかく脇役に徹するタイプ、このようなキャラ設定はあくまでもフィクション上の出来事ですので実際は性格が悪いかなどわかりません。

ライザップチャレンジで12キロ減と恐るべき成績を樹立でもその裏で起こった事実とは!

佐藤仁美さんがライザップをはじめストイックでなんと12キロ減という成績を打ち立てました。

その姿が公開されたのは最近の事ですが、こんなに大騒ぎになるとは思っていないはずです。

何故、こんなに世間が騒ぐのか?

それは佐藤仁美さんが発した一言が火花となりネット内で大炎上に至ったのか?

「菜々緒さんとキャラかぶるわねえ」十分以上の自慢する表情、次第に女優菜々緒を本気で怒らす事態に転じてしまったのです。

「あの余計な一言がなければ、円満に物事が進んでいたのに」と残念です。

ライザップで12キロシェイプアップした事実より、小悪魔を超越した菜々緒さんを本気にさせたのは大きい代償なのではないでしょうか。



スポンサーリンク

ダイエットは運動と食事管理を私生活に定着させるという大原則がある!

ダイエットで一番苦しい事は食事です。

それも不摂生な食習慣がねついてしまったのならば、一段とダイエットは加齢とともに難しくなります。

ダイエットは痩せようと思う前の生活御パターンからの脱却の繰り返し、ライザップで減量を成功された方にとっては地道で大変な食事管理と運動とのワンペアで行う事が出来たからライザップも成功されていますしかし、そのような事は口外されても周囲は重要視されません。

運動と食事管理を平等で行わないといずれかは失敗し、リバウンドがはげしくなります。リバウンドを起こしやすい原因をまとめてみました。

リバウンドの原因!

  • 加齢による基礎代謝量の減少で体形が変化
  • 肥満(特に内蔵肥満)が多くなると若い人と同じ運動量をしても脂肪は消費されない
  • 間違ったダイエット法の繰り返しがリバウンドを多発させる。

佐藤仁美さんだけではなく一時的にライザップで成功されたからと言って体形を保持されている方は少ないと思われます。体形を保つには中年者の場合、

並大抵の努力が必要になります。運動は私生活に定着させる事で習慣化されますが

ダイエットを行う事でその大変さは痛感される事でしょう。

主役女優を敵に回した佐藤仁美さんの本性を露呈させた結果!

ライザップがもとで、一触即発になった佐藤仁美と実力派女優の菜々緒、創造の発端は脇役女優である佐藤さんからの悪気がない挑発。

しかしそんなことでと思われるが、女優には今までの立場を培ってきた女優のプライドがある。

ある意味、施術を施したライザップにすればいい気はしないのは当然と言えますね。

最後に一言!

ちょっと脱線もしてしまいましたが実際に結果が出ているわけですし、佐藤仁美さんの努力とライザップの実力といったところでしょうかね?

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

Pocket