Pocket

スポンサーリンク





台風の進路図の見方は?意外と知らない進路図の本当の意味は必見!

台風シーズンが到来すると共に、天気予報をチェックする日が増えます。

 

台風の進路が気になって見るのですが、進路図の見方っていまいち分からないんですよね…。

 

何となく見てしまっているのが現状なのですが、進路図の見方をきちんと分かっておけば台風が発生した時に見方も違ってくるかもしれません。

 

台風の種類!

熱帯の海の上で発生した熱帯低気圧の内、最大風速が17m/s以上のものを“台風”と呼び、国際的には最大風速が33m/s以上のものを“タイフーン”と呼びます。

 

台風は世界中の様々なところで発生しますが、発生する場所によって呼び方が異なり、

 

サイクロン:インド洋、南太平洋

ハリケーン:太平洋(赤道より北、東経180度より東)

台風(タイフーン):東アジア周辺の太平洋(赤道より北、東経180度より西)

 

このように変わってきます。

 

 

まず、台風というのは“大きさ”と“強さ”を組み合わせて表現するのですが、

 

【大きさ】

強風域(風速15m/s以上の強い風)の半径で表示。

大型(大きい):500km以上~800km未満

超大型(非常に大きい):800km以上

 

【強さ】

最大風速で表示。

強い:最大風速33m/s以上44m/s未満

非常に強い:44m/s以上54m/s未満

猛烈な:54m/s以上

 

このような感じで、大きさと強さはそれぞれ数値によって表示方法が異なります。

 

日本の南の海上で台風が発生した時、北上して日本から約300kmまで近づくと予測された場合、気象庁が台風予報の特別体制をとり、1時間毎の位置解析、3時間毎に24時間先まで、6時間毎に72時間先までの進路予測をします。

スポンサーリンク





台風の進路図の見方!

ここからは、台風の進路図の見方ということになるのですが、台風の進路予想図を見た際によく目にするのは、赤の円や黄色の円、白色の円、それらの通り道ということになります。

 

まず、見るのは台風の現在の中心の位置です。

 

分かりにくいかもしれませんが、台風の中心の位置は点で記されており、その横に日付と観測時間が表示されています。

 

ここで注意したいのは、あくまでも観測した時間ということで、発表するまでに1時間はかかるためテレビで予報を見た際には、実際の台風はその場所より少し進んでいるということです。

 

そして、この台風の位置を中心とし、その周りに赤い円が書かれているのですが、それが暴風域となり、そのエリアに入っている地域は平均風速が25m/s以上の暴風が吹いているということになります。

 

また、赤い円の外側に黄色い円が描かれているのですが、それが強風域です。

 

そのエリアに入っている地域は平均風速が15m/s以上の強風が吹いているということになります。

 

最初に記されている現在の台風の中心位置から白い点線で描かれた円がいくつか記されていますが、それは予報円と言い、予報円の横に記されている日付のその時刻に台風がその

円の中に入る可能性が70%と予測されています。

 

ここでよく勘違いされるのが、この予報円と同じように台風が進んでいくと思われがちなのですが、台風は必ずしも予報円の中心を進む訳ではなく、予報円の中に入る可能性があるということですので台風が予報円の通りに進んでいなくても予報が外れたという訳ではありません。

 

また、この予報円には白い実線が引かれているのですが、それは暴風警戒域ということになります。

 

予測通り台風の中心が予報円内を進んだ場合に、暴風域に入る可能性がある範囲を暴風警戒域として記しています。

 

暴風警戒域を示す白色の実線が消え、予報円のみが残っている場合は、予想時刻に台風の暴風域が無くなっていることを示しています。

 

このような感じで、台風の進路図は表示されています。

 

日本は台風銀座!

台風は1年で平均26個発生し、日本に上陸するのはその内の約3個だと言われています。

 

上陸はしなくとも、日本の300km以内に平均約11個の台風が接近しているので、台風が近くを通過するだけでも時期によっては前線が刺激されるなどして被害が拡大する場合がありますので、安心はできません。

 

夏になるにつれて台風が多いように感じると思うのですが、それは、台風が発生する緯度が高くなるためで、台風が日本に上陸する場合のほとんどが7月~9月です。

 

これは、7月、8月は太平洋高気圧の勢力が強いことと、上空の風が弱いことが影響して台風が不安的な経路をとることが多いということや、9月以降になると南の海上から放射線を描くように台風が日本付近を通るため、大きな災害をもたらす台風が多くなる時期になります。

 

台風というのは、台風の進路図をしっかり見てあけば、ある程度進路の予測をすることができます。

 

台風が接近してから慌てだしても手遅れということもありますので、最新の台風情報をチェックして被害に遭わないようにしっかりと対策を取るようにしましょう。

 

台風の進路図の見方をしっかり知っておけば、台風情報を見た際にきちんと内容を把握することができるはず。

 

自身や家族の身の安全を守るためにも、台風の進路図を見間違わないようにしましょう。

スポンサーリンク





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket