Pocket



スポンサーリンク

宇多田ヒカルさんのベストアルバム収録曲は?

アメリカ生まれの女性シンガーソングライター 宇多田ヒカルさん。

 

1998年12月9日にデビューした後、数々のヒット曲を世に生み出しています。

 

出す曲全てがヒットするといっても過言ではなく、デビュー作「First Love」が出たのは、彼女が僅か15歳の時のことです。

 

彗星の如く登場し、数々のヒット曲を次々と生み出す宇多田さんは“天才少女”と呼ばれ、1999年に発売した1stアルバム「First Love」も765万枚以上をセールスし日本歴代1位となっています。

 

宇多田さんの両親は?

そんな宇多田さんのご両親は、父親が音楽プロデューサーの宇多田照實さん、母親が元演歌歌手の藤圭子さん。

 

そんな音楽一家で生まれた宇多田ヒカルさんの音楽での才能が素晴らしいのは納得できます。

 

宇多田家の家族ユニット「U3」で宇多田ヒカルさんがボーカルをしていたという過去もあり、その後ソロで活躍し大ブレイクすることとなります。

 

数々のヒット曲を世に生み出してきた宇多田さんですが、そんな名曲を集めて作ったベストアルバムをこれまでに3作品出しています。

 

あれ?意外と少ない??なんて思ってしまったのは私だけでしょうか…。

 

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1!

まず、1つ目は2004年3月31日発売の「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」。

【収録曲】

  1. time will tell
  2. Automatic
  3. Movin’ on without you
  4. First Love
  5. Addicted To You
  6. Wait & See~リスク~
  7. For You
  8. タイム・リミット
  9. Can You Keep A Secret?
  10. FINAL DISTANCE
  11. traveling
  12. SAKURAドロップス
  13. Letters
  14. COLORS



スポンサーリンク

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2!

2つ目は2010年11月24日発売の「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2」。

【収録曲】

~DISC-1~

  1. Prisoner Of Love
  2. Stay Gold
  3. HEART STATION
  4. Kiss & Cry
  5. Beautiful World
  6. Flavor Of Life –Ballad Version-
  7. ぼくはくま
  8. This Is Love
  9. Keep Tryin’
  10. Passion
  11. Be My Last
  12. 誰かの願いが叶うころ
  13. Beautiful World –PLANiTb Acoustica Mix-

~DISC-2~

  1. 嵐の女神
  2. Show Me Love(Not A Dream)
  3. Goodbye Happiness
  4. Hymne a l’amour~愛のアンセム~
  5. Can’t Wait ‘Til Christmas

 

Utada the best UTADA!

3つ目はこれと同日、異なるレコード会社から発売された「Utada the best UTADA」。

 

あれ?どうして同じ日にベストアルバムが??

 

と思った人が多いと思うのですが、このベストアルバム「Utada the best UTADA」の発売には少々問題が発生していたようです。

 

宇多田さんの意思に反して発売が決定された「Utada the best UTADA」ということもあり、収録曲については省かせて頂きますが、このベストアルバムはUniversal Japanから発売されたもので、EMIからベストアルバムが出されることが分かり同日に発売をぶつけてきたのだとか。

 

宇多田さんもお怒り!

宇多田ヒカルさん自身も、

 

「彼らのやりかたにはあまりいい印象を持てません。予約を考えている人は、少し待ってください。」

 

と、自分の意思に異なる作品を勝手に出させることに腹を立てている様子でした。

 

「全く心のこまっていないモノで未発表のものは何も入っていません。」

 

「売れなかったら叩かれるのは私なんですが、正直なところファンにお金を出させたくない。」

 

と、自身の気持ちを露にし、ファンに異例の“不買運動”を呼びかけることに。

 

どうしてこんなことになってしまったのかというと、宇多田さんは“宇多田ヒカル”と“Utada”2つの名義で活動していたためこのようになってしまったよう。

 

この騒動の後は、今後は“宇多田ヒカル”名義に統一し、全世界における作品リリースについてEMI MUSICとの契約を締結しました。

 

活動休止!

この際、宇多田さんは年内で「人間活動に専念する」という理由でアーティスト活動の休止を発表している最中でのEMIとの契約締結。

 

活動を休止するのに良いのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、彼女にとってこれが大問題ということだったのでしょう。

 

15歳から音楽活動を中心に生活をしてきた宇多田さんですが、自身の成長はその時から止っており、人としてのとても大事な部分が抜けてしまっているとして活動を一時休止することを宣言したのが2010年8月の事。

 

年内で活動を休止する前に、ファン待望の第2段ベストアルバムが発売されるという嬉しい発表だったはずなのに、こんな騒動になろうとは、彼女も思っていなかったことでしょう。

 

宇多田さんの活動は無期限で休止されるということで、

 

もしかしてこのまま引退してしまうのでは?

 

と心配の声が多数上がっていたのも事実です。

 

活動休止の理由については様々な憶測が飛び交いましたが、その後の彼女のツイートを見る限りは悠々自適な生活を送っていたようで、本当に休んでいたという感じでした。

 

2016年1月20日にNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌を担当することが発表され、“宇多田ヒカル再始動”となった訳ですが、ファンにとっては待ちに待った報告だったことでしょう。

 

今後もボチボチと自分のペースで活躍していったもらいたいものですね♪

 

最後に一言!

 

宇多田さんの昔の曲を知らない方はほんとに最高なので是非一度聞いてみてくださいね。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket