Pocket



スポンサーリンク

宇野昌磨がエキシビションSee You Againに込めた思いとは!?

2018年フィギュア男子を引っ張るのが羽生結弦選手ですよね。

 

誰もが認めるところだと思いますが、忘れてはならないのが宇野昌磨選手です。

 

天然エピソードが星の数ほどある選手で「可愛い!」など女性から高い人気を得ていることで有名です。

 

しかし、実力も兼ね備えておりトップ選手の必須スキルである「強心臓」を持っていることが最大の特徴。

 

(大舞台でも全く緊張をせずに普段どおりの滑りができると高い評価を得ている)

 

このように記載してしまうと、つい力強い演技が魅力の選手と思ってしまいますが…。

 

凄く滑らかなで魅せる演技が得意なのです。

 

その最たる例が…平昌オリンピックで魅せたエキシビションの「See You Again」です。

会場を沸かせに沸かした素晴らしい演技!

文章で伝えることが難しいほどの高い評価を得たエキシビションの演技となっています。

 

何が凄かったのか?と言うと、全てが合致したことです。

 

「何を言っているのかわからない!」と言われてしまいそうですが…。

 

とにかく全てが合致したんです。

 

平昌オリンピックの大舞台でSee You Againを選曲し、それにマッチしたスケートを表現し、会場も一体になり、全てが1つになって宇野昌磨に魅入られたといったところでしょうか。

 

正直、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、全身に鳥肌が立つほどの演技だったんで…。

 

ともあれ、世界中から高い評価を得ているエキシビションの演技です。

技術も伴っているからこそ!

さて、ここまで宇野昌磨の技術力についてあまり触れてきませんでしたが…さすが銀メダルの男、高い技術力を持っています。

 

平昌オリンピックでは、羽生結弦に金メダルは譲りましたが、銀メダル以上の価値がある演技を魅せてくれています。

 

余談ですが、羽生結弦がスーパー過ぎて宇野昌磨自身も「勝てない」と素直に認めています…宇野昌磨の強さの秘密の1つがこの「潔さ」なのかもしれませんね。

 

実力差をしっかりと理解し、足りないものが何なのか?を補える選手だということです。

 

話を戻しますね。

 

宇野昌磨が「この人凄い!」と言わしめたのが、See You Againえ魅せたイナバウアーの低姿勢バージョンです。

 

イナバウアー自体、高いスキルを必要とするテクニックにも関わらず、これを氷上に背中がついてしまいそうなほど反っているのです。

 

回転技に注目がいきやすいフィギュアスケートですが、こういったところでも高い技術力があることを垣間見ることができますよね。

 

ともあれ、宇野昌磨は天然キャラで凄く可愛いのだけど…氷上では高いスキルを持った超一流の選手だということです。



スポンサーリンク

「See You Again」とは?

宇野昌磨がエキシビションで使ったSee You Againという曲について触れたいと思います。

 

こちらも一言でいえば、凄い曲であり世界中が涙した曲なんです。

 

ウィズ・カリファのシングル曲で、映画のワイルド・スピード・スカイミッションの主題歌に起用されています。

 

これだけであれば、よくある話なので特に驚きはしませんが…。

 

ワイルド・スピードにこれでもかというぐらいにマッチしているんです。

 

「ポール、安らかに眠って…またいつか会えたなら語り合おう」と。

 

実は、この映画の主演をしていたポール・ウォーカーが交通事故に遭ってしまい他界をしてしまっていて…。

 

しかも、ワイルド・スピード・スカイミッションのクランクアップの直前に。

 

これもあって、この映画でこの曲が流れたとき…ファンのみならず映画ファン、映画スタッフと映画に携わる人達、全てがポールのことを思い出したことでしょう!

 

さて、これを踏まえて宇野昌磨のエキシビションのSee You Againを観てみてください。

また違った心を揺さぶる演技に見えてくるはずです。

 

勝手な解釈ですが、平昌オリンピックが終わった後、宇野昌磨が「また会おう」とメッセージを込めた演技だったのかなと思っています。

 

最後に一言!

 

宇野昌磨選手のエキシビジョン本当に素晴らしかってですよね。

 

羽生選手ももちろん素晴らしいですが、こんごますます期待できる宇野昌磨選手もしっかり応援していきましょう。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket