Pocket



スポンサーリンク

小嶋陽菜の写真集の販売部数は?前田敦子を超えた部数は要チェック


DMMグループ会社「ピックアップ」の社長である宮本拓さん。

 

この名前を耳にして「小嶋陽菜」とすぐにイメージした人も多いのではないでしょうか。

 

元AKB48で高い人気を得ていた人だからこそ、やはり世間の注目度は高いと言えます。

 

特にファンの人は、複雑な思いで熱愛ニュースを見ていたのではないでしょうか?

 

今はアイドルも引退しているため、恋愛は自由。

 

いよいよ結婚も見えてきたわけですが…正直なところ、小嶋陽菜さんの凄さを知らない人も多いかと。

 

AKB48に興味がない人は特に「何をいまさら?」「何をそんなに騒いでいるのか?」と感じているかもしれません。

 

そこで今回はそんな小嶋陽菜さんの凄さを写真集の部数と絡めて紹介をしていきたいと思います。

 

宮本拓社長が、どんなに凄い人と半同棲をしているのか?を知っていきましょう。

販売部数はトップクラスの数字!

2018年5月現在では、販売部数は白石麻衣さんに抜かれてしまっていますが…

 

抜かれるまでは、週間売上記録の1位を保持していました。

 

具体的には1週間で『小嶋陽菜 1stフォトブック こじはる』(2013年12月発売)が6.1万部売れたという凄い数字です。

 

ちなみに、2014年1月6日付けで記録した販売部数になります。

 

また、この販売部数の凄さは「写真集」ではなく、ただのフォトブックだということ。

 

もちろん、フォトブックも魅力的な商品ではありますが、写真集の方が売れる傾向があった当時。

 

それにも関わらず、フォトブックで数字を残したのは、ただただ凄いの一言ですよね。

『どうする?』(宝島社)が11万部を売り上げる!

AKB48の絶対的なエースといえば、前田敦子さんですよね。

 

そんな絶対的なエースである前田敦子の写真集販売部数を塗り替えたのが、小嶋陽菜さんです。

 

当時は前田敦子さんを抜く歴史的な快挙とニュースを賑わせていました。

 

さて、そんな「どうする?」の写真集ですが…ドレスや水着、そしてセクシーなランジェリー姿でも話題を読んだ作品でもあります。

 

特に裏表紙に掲載されたヒップの写真は「セクシー過ぎる!」と多くの声が上がっていました。



スポンサーリンク

卒業で重版された名作写真集!

小嶋陽菜の代表作である「どうする?」ですが、実は卒業が発表されてから、実際に卒業をするまでに重版されています。

 

ファンとしては、改めて欲しいと願ったのでしょうか…それとも、卒業だから買っておかなければと思ったのか…定かではありませんが。

 

初版からかなり時間が経ったにも関わらず、重版し凄い勢いで売れていったのは異例のことでした。

 

ここからも、小嶋陽菜が愛されていたアイドルで、トップクラスに君臨していた人なんだなということが理解できます。

過激なモノも多くありファンをざわつかせている!?

数多くのアイドルが色々な写真集を販売していますが、当然、中には過激なショットも掲載されている場合があいります。

 

その中に「小嶋陽菜」の名前もよく挙げられるのです。

 

先程、紹介した「どうする?」もそうですが、他の写真集も負けず劣らずのセクシーショットが満載です。

 

AKB48に所属していたころにこれを出すのですからビックリでしたね。

 

兎にも角にも、過激なものが多いため、ファンをざわつかせた実績も持っています。

今後、写真集を販売して総売上部数を伸ばすか?

さて、既にAKB48を卒業した小嶋陽菜ですが、今後は写真集を販売することがあるのか?と気になるところです。

 

そして、販売部数を更に伸ばすことができるのか?

 

結論からいえば、まだまだ写真集を発売する可能性もあるため、部数は伸びると期待することができます。

 

30歳を迎え、今度は更に大人さをアピールした落ち着いたセクシーショットもあるかもしれませんね。

 

ファンとしては、宮本拓社長と結婚してしまうのであれば、貴重な写真集になることは間違いないので、また重版なんてこともあるかもしれませんね(AKB時代の写真集なので難しいかもしれませんが)。

 

ともあれ、今後も写真集を発売してファンを楽しませて欲しいところですね。

 

最後に一言!

 

最近ネットでは、小嶋陽菜さんが以前より太ってしまったなどと嘆く声が上がってしまっています。これは幸せ太りではないかと。

 

AKB48の初期からのファンとしては、いつまでも綺麗でいてほしいと願っています。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket