Pocket



スポンサーリンク

kokoro最新版!

 

今回は市川海老蔵さんのブログについて、そして、亡き奥様、小林麻央さんのブログkokoroについて書きたいと思います。

市川海老蔵ブログはなぜ人気なの?

 

十一代目 市川海老蔵は、成田屋の歌舞伎役者で、本名 堀越 寶世(ほりかわたかとし

 

 

「海老さま」「海老ちゃん」との愛称で、幅広いファンを持ち、歌舞伎の世界では、「若手スター」として注目を集めています。

 

さらに、彼の活躍は、歌舞伎の世界にとどまらず、映画にドラマ、バラエティーと様々なシーンでの活躍も目立ちます。

 

そんな中、彼が世間から最も注目を集めているのが、「市川海老蔵 ブログ」

 

「市川海老蔵 ブログ」って??

 

市川海老蔵 ブログについては、圧倒的知名度が高く、拝見した事がある、という方が多いと思うのですが、まだ一度も見た事がない、という方のために「市川海老蔵 ブログ」について、ざっくり説明しますね。

 

市川海老蔵さんのブログを遡ってみると、「2013年4月9日」に開始しています。

 

そのブログがこちら。

「何故か、始めました」と、タイトルで幕開けする市川海老蔵さんのブログです。

 

 

格式高い「歌舞伎」という世界で活躍される若手スター 市川海老蔵の普段の顔が見られるとあって、ブログスタート当時から話題でしたね。

 

その数年前、市川海老蔵さんは、傷害事件を起こすなどし、何かと世間をお騒がせしたこともあって、なんとなく



スポンサーリンク

「市川海老蔵=ちょっと怖い人」

 

というイメージを持っていた方もいたかと思うのですが、このブログで、ガラッと印象が変わったのを鮮明に覚えています。

例えばこんな感じの

 

「自撮りスタイル」

 

で、何気ない日常を切り取るだけ、というなんともほのぼのとした内容です。

 

 

しかも、市川海老蔵さんは、

 

「1日に10回以上もブログを更新する」

 

という驚きのブログスタイルを数年間続けた結果、アメーバMVBを受賞しちゃったんですから、さらに驚きです。

 

それから5年、1日も欠かさずブログを更新し続け、現在の読者数2,448,871 人に!!!

 

 

【市川海老蔵 ブログでは最新版kokoroの紹介も随時実施!!】

 

市川海老蔵さんといえば、亡き妻の小林麻央さんのブログkokoroも人気ですね。

 

残念ながら、kokoroは、小林麻央さんの病気発覚後に開始されたブログなのですが、kokoroには、「寂しさ」というものが一切なく、麻央さんの

 

「前向きに病気と闘う姿」

 

が日々更新され、同じ病気の方、ご家族の方、そして何かしらに悩む多くの方々にパワーを与えるブログになっていた事を鮮明に覚えています。

 

小林麻央さん亡き後の更新は、ありませんが、「最新版」として、ブログを英訳し、海外にむけて発信。

 

それについて、市川海老蔵さんは、自身のブログで

 

“「ご報告」と題し、乳がんと闘った麻央さんに対して海外からも関心が寄せられている。

「世界中の私たちと同じように 乳がんで苦しんでいらっしゃる方やそのご家族の力に少しでもなれたらと」

「世界の方々へ 麻央の想いが 届きますように…」“

 

と、思いを語っています。

ちなみに、小林麻央さんkokoro最新版は、5月9日に更新!!

 

タイトルは、「My husband’s soup」味は少し微妙・・・だけど彼の作ったスープはとても美味しかった!と。

 

市川海老蔵さんと小林麻央さんのブログkokoroは、いつみても、ホントにパワーがもらえます。

 

【小林麻央 ブログ 最新版 kokoroは前文英語?】

 

小林麻央さんブログ最新版kokoroは、前文英語です。これは、海外からも注目される麻央さんのブログを

 

“一人でも多くの方にも読んでもらいたい”

 

という市川海老蔵さんの願いからスタートしたものなので、いわゆる海外向けです。

 

そのため、英語が苦手な私なんかは、「いや~英文は無理でしょ!!」と思っていたのですが、

 

最新版kokoroの英文ブログ記事箇所には、オリジナルの掲載日時もあわせて書かれているので、英文とオリジナル(日本語)を見比べて、読むことができます。

 

最後に一言!

 

麻央さんの言葉を英文にするだけで、また少し違うニュアンスがあるので、なんだか不思議な感覚でした。

 

お亡くなりになってからも世界の人々にブログで希望を届けたいという麻央さんの意志を継ぐかのように海老蔵さんが更新した『kokoro』大切に読みたいですね。

 

最新版まだみてない、という方も是非チェックしてみて下さいね。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

Pocket