Pocket

春スキーで新潟に行くならおすすめはここ!

 

もう四月ですね。ウィンタースポーツをする私たちには寂しい季節になってきましたね。

 

でもまだまだ楽しめるスキー場はあるので、今日は新潟ではってテーマで記事を書いていきます。

 

まず「かぐらスキー場です」こちらはエリアが広くレベルごとに滑るコースが離れているのが利点だと思います。

 

次に「奥只見丸山スキー場」こちらは比較的中級者以上がお勧めかもしれません。

 

「ガーラ湯沢スキー場」こちらはガーラ湯沢駅からゴンドラ乗り場が直結していますし初級者用の迂回コースもそれぞれのリフトに対してあるので初級者にはやさしいと言えると思います。

 

「神立高原スキー場」も湯沢インターからすぐですし、メインとなる初級者コースが広いので良いと思います。

 

他には上越より石川県寄りにはなってしまいますが「シャルマン火打」スキー場もゴールデンウィーク位まで滑れます。

 

もっと細かい情報が知りたいって方もいると思うので、細かく説明していきますね。

 

超有名どころといえばかぐらスキー場!

 

一番メジャーだと思います。トップシーズン中は積雪量が4mを超えることもしばしばあり4月にもけっこう雪が降ります。なので11月下旬~5月末位まで約半年くらい滑れてしまうスキー場です。

 

エリアはみつまたエリア、かぐらエリア、田代エリアに分かれていてみつまたエリアは初中級向けとなっておりかぐらエリアは中・上級者向け、田代エリアは初中級者向けとなっています。

 

今回は初級者の為の記事という事でお話していくと、お勧めは田代側から上がると良いです。

 

理由は田代エリアのコースは一部を除いてほとんど初級者でも滑ることが出来ますし、コース幅も広いので練習にはもってこいです。

 

ネックなのはロープウェイで山頂駅まで登るとまず初めに斜面を降りなくてはならないのですが、その斜面が田代エリアで数少ない中・上級者向けとなっています。

 

もちろん迂回コースもあるのですが少し幅が狭くカーブもあるのでそこだけこなせればってとこですね。

 

ただし田代エリアの営業は毎年ゴールデンウィークをもって終了なので、ゴールデンウィーク以降は中級者以上の腕がないと厳しいかもしれません。

 

奥只見丸山スキー場!

 

ここはリアル秘境なので一度行ってみることをお勧めいたします。

 

関越自動車道の小出インターを降りて奥只見シルバーラインというずっとトンネルの中(しかも暗くて狭い)を通って行くスキー場です。

 

ですので普段は空いていて、混むのは四月以降の土日とゴールデンウィーク位ですかね。

 

さて斜面編成ですが、残念ながら初級者のかたはちょっとたいへんかもしれません。

 

何故かというと、一番下の八崎ゲレンデは中級者向けの斜面なのです。しかも春スキーなので足元があれているのでボーゲンしか出来ないレベルだと厳しいかもしれません。

 

そこを乗り切れるとしても二番目のリフトであるカモシカゲレンデは基本的にコブ斜面もしくわ不整地中心です。

 

迂回コースもあるのですがけっこうこぎますしクネクネしているので意外と難しいかもしれません。

 

山頂ゲレンデは、11月や12月は広い初中級斜面なのでとても良いのですが、春シーズンは「パーク」になってしまっているので初級者さんには厳しいです。

 

ガーラと神立は?

 

まず神立は昔はゴールデンウィーク位まで滑れたのですが最近は四月中旬で営業を終えてしまうことが多いです。

 

ガーラ湯沢スキー場は、ゴールデンウィーク位まで滑れる事が多いのですが、今シーズンは4月22日で終了してしまいました。

 

今年は三月から急に暑くなったり雨もありましたもんね。涙

 

やっているのであれば一番初級者さんにはお勧め出来ると思います。

 

具体的に言うと、ゴンドラをあがってすぐにある「フェートン」という名前のペアリフトの「メロディー」というコースは初級者には絶好だと思います。

 

このリフトは初心者のために係員さんが乗車のお手伝いなんかもしてくれますのでそう言った面でもお勧めです。

 

あとは、メインとなる二本の四人乗りリフトからアクセスできる「エーデルワイス」というコースもとってもお勧めです。

 

ガーラの場合、下山コースが長くて所どころ狭かったり急だったりするので初心者の方はゴンドラでの下山をお勧めします。

 

最後に一言!

 

今シーズンは、ちょっと微妙な天気でガーラ湯沢スキー場もゴールデンウィーク前に終了してしまいました。

 

ですが、かぐらスキー場の田代エリアであれば、ゴールデンウィーク一杯は初級者さんでも楽しめますので是非行ってみてくださいね。

 

来シーズンはもっと長く楽しめる事をお互い祈りましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

 

Pocket