Pocket

スポンサーリンク





那須川天心!武尊!井上尚弥!今格闘技界で最も熱い男たち!

 

今や子供から大人まで老若男女を問わず、熱いブームの嵐を巻き起こしている格闘技。

 

今回はそんな格闘技界から今もっともホットな、那須川天心さん、武尊さん、井上尚弥さんの三人にスポットを当てて紹介してみようと思います。

 

格闘技に興味が無い方も彼らの試合を見れば絶対ファンになっちゃいますのでまずは予習しましょうね。

 

那須川天心(なすかわ てんしん)さん!

千葉県出身の那須川天心さんは1998年8月18日生まれのB型で、身長は165cm、体重は55kg、キックボクサーであると同時に、総合格闘家でもあります。

 

所属はTARGET/Cygames/TEPPEN GYMであり、現ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者に、現RISEバンタム級王者の称号も獲得しています。

 

アマチュア時代には「ジュニアのパウンド・フォー・パウンド」と評され、「神童」、「スーパー高校生」、「キックボクシング史上最高の天才」などの通称でも称されていました。

 

得意技は左ストレート、この左ストレートは「稲妻の光」の意を込めて「ライトニング・レフト」という異名も持ち合せています。

 

小柄な体格ながらも16歳の頃から各界で王座を乱獲、アマチュア試合の戦績は105戦99勝5敗1分とほぼ負け無しで37KOを確立、プロに転向してからの戦績はキックボクシングでは24戦24勝19KO 、総合格闘技では4戦4勝2KO、ミックスルールでも1戦1勝1KOと全戦全勝にくわえて脅威のKO率を誇っています。

 

こんな負け知らずの那須川天心さんですが、意外にもビビリ屋な面があるようで、お化け屋敷などは大の苦手との話でが、ビビリ屋な面が功を奏して「相手の弱点をしっかりと見極める事が出来る」との事なので、那須川天心さんにとって「ビビリ屋」というのは只の弱点では無い事が伺えますね。

 

武尊(たける)さん!

本名:世川武尊(せがわ たける)さんこと、武尊さんは鳥取県米子市の出身です。

 

K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属のキックボクサーで、1991年7月29日生まれ、身長は168cm、体重は60kgとなっています。

 

現K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者で、初代K-1 WORLD GPフェザー級王者、初代K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者と、K-1 WORLD GP3階級制覇を成し得ている実力の持ち主の武尊さんは、攻めの姿勢に特化したファイトスタイルから「ナチュラル・ボーン・クラッシャー」の異名でも呼ばれ人気を博しています。

スポンサーリンク





戦績は32戦31勝1敗の18KOとほぼ無敗、アマチュア時代にはアルバイトで貯めた資金で単身タイに武者修行におもむき多くの経験を積みました。

 

子供の頃にテレビでK-1を見た事をきっかけに空手を始めた武尊さんは2009年に念願のK-1甲子園に出場を果たすも地区予選で敗退をしてしまいます、このとき悔しさのあまり泣きじゃくりながら本部席に居合わせた前田憲作さんに「強くなりたい」と訴えた所、「チームドラゴンに来れば強くなれる」と勧誘を受けました。

 

2010年に高校を卒業してチームドラゴンに所属した武尊ですが、上京のための資金はバイトを掛け持ちして貯めるなど、コツコツとした努力を積み重ねられる芯のしっかりした性格が伺えますね。

 

合わせて読みたい関連記事!那須川天心VS武尊!

那須川天心VS武尊の試合は実現するのか?魔裟斗も注目世紀の一線!

那須川天心の2018年度試合予定!次戦は最強の相手との一戦!

那須川天心の試合予定!2018年2戦目は過去最強のロッタン戦!

井上尚弥(いのうえ なおや)さん!

怪物こと「Monster」の異名を持つ井上尚弥さんは、大橋ボクシングジムに所属する神奈川県座間市出身のプロボクサーです。

 

1993年4月10日生まれのA型で身長は164.7cm、繰り出されるリーチは自信の身長を越える171cmとも言われています。

 

アマチュア時代は父親である真吾さん(元アマチュア選手)が経営している井上ボクシングジムで小学一年生の頃から練習に励んでいました、戦績は81戦75勝6敗で48KOと好成績

を修め、ボクシング史上では初となる「高校生にして7つのタイトルを獲得」を果たしました。

 

プロ転向に際して「親子二人三脚で世界王者になる事が大事」と、井上尚弥さんはボクサーとして、父の真吾さんは井上尚弥さんの専属トレーナーとして大橋ボクシングジムに入りました。

 

プロ転向後の戦績は15戦15勝13KOと無敗を誇り、国内最速、世界でも二番目となる「8戦目で2階級を制覇」を成し遂げました。(世界最速は7戦目での2階級制覇)

 

第36代日本ライトフライ級王者、第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者、元WBC世界ライトフライ級王者、元WBO世界スーパーフライ級王者など、数々のタイトルを勝ち取っている井上尚弥さんのこれからの活躍に注目必須ですね。

— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — –

参照元URL

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E5%B7%9D%E5%A4%A9%E5%

BF%83

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%B0%8A

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%B0%9A%E5%BC%A5



スポンサーリンク

Pocket