Pocket

2018年の紅葉が見られる時期はいつ頃?全国の見頃情報をご紹介!

まだまだ暑い日が続きますが、8月を過ぎれば秋を楽しみにされている方も多いですよね。

 

特に秋といえば紅葉も楽しみの一つですが、2018年はいつ頃が紅葉の見頃の時期となるのでしょうか?

 

だいたいこれぐらいの時期かな?と予想される方も多いかもしれませんが、各地方によって紅葉の見頃の時期というのは違いがあります。

 

そこで今回は、紅葉が一番良い状態で見られる時期を逃さないためにも、全国の見頃情報をご紹介したいと思います!

 

ぜひ、今からでもしっかりとチェックして、秋の紅葉をたくさん楽しみましょう。

 

紅葉の季節はいつ?

紅葉の基本的な見頃といえば全国的に違いはありますが、だいたい10月上旬からとなっています。

 

特に寒い地方になると、比較的早めに紅葉が色づく場合がありますが、年々季節の温度にも変化が出ているので、バラツキも見られます。

 

ですが9月の下旬あたりからは、やはりしっかりと紅葉情報に敏感でいた方が良いでしょう。

 

色づいた紅葉も気温によってはそこまで長く持たない可能性もあります。

 

またいつまで紅葉が見られるのかは、だいたいですが基本的に11月下旬あたりが見頃とされています。

 

2018年の予想としては10月までの気温も全国的にやや高めの傾向となっているので、もしかしたら見頃開始時期もずれ込む可能性があると考えられています。

 

ただ雨などが多くなるとすぐに散ってしまう場合があるので、天候などにも注意しながら、しっかりと色づいた時期を逃さないようにして、紅葉情報をチェックしてみてくださいね。

 

2018年全国の紅葉の時期は?

北海道(大雪山・銀泉台)

 

全国でも日本一早い紅葉の名所として知られる場所です。

 

・平年の見頃…9月中旬から下旬と全国的にやや早めです。

・前年の見頃…8月中旬より色づき始め9月上旬には見頃となり、中旬にはピークとなりました。

・予想…2018年は猛暑が続き、この状態が続けば見頃は少しずれる可能性があります。

 

東北(栗駒山)

 

宮城・秋田・岩手にまたがる山で全国有数の紅葉名所として知られています。

 

・平年の見頃…9月下旬となっており、秋田に近い場所は3日から5日ほど色づくのが早い傾向にあります。

・前年の見頃…9月中旬より色づき始め、24日ごろに見頃を迎え10月中旬まで続きました。

・予想…8月の気温は平年並みですが9月はやや高めになるため、平年通りとなるかやや遅くなると見込まれています。

 

富山(立山・雷鳥沢)

 

立山の山頂から山麓まで紅葉の名所として知られており、雷鳥沢は特に絶景であると言われています。

 

・平年の見頃…9月下旬から10月上旬

・前年の見頃…9月の初旬頃に強い冷え込みとなったことで8日当たりから紅葉が色づき始めました。ただ中旬から気温がやや高くなったことで、スピードがやや遅くなり23日頃見頃となり25日頃ピークとなりました。

・予想…7月中旬より青葉の季節を迎えましたが、気温によっては前年のようになる可能性もあります。

 

長野(涸沢カール)

 

長野県松本市安曇にある日本有数の紅葉の名所です。

 

・平年の見頃…10月上旬

・前年の見頃…9月の初旬頃に強く冷え込んだことで10日には色づき始めていましたが、中旬で暖かくなったので26日頃に見頃となりました。

・予想…暖かさが続く場合は例年通り、もしくは例年よりやや遅めになる可能性があります。

 

栃木(中禅寺湖・奥日光)

 

栃木県日光市にある湖で日本を代表する紅葉の観光名所としても有名です。

 

・平年の見頃…10月下旬頃

・前年の見頃…10月の6日から色づき始め、20日頃ピークとなり29日まで続きました。

・予想…前年通りであれば10月後半まで見頃となりますが、大雨や雪の影響も考えるとピークが早まる可能性もあるでしょう。

 

東京(高尾山)

 

東京の八王子市にある、紅葉の名所として有名な高尾山で、11月1日から開催される紅葉祭りです。

 

・平年の見頃…11月中旬から下旬にかけてが見頃となります。

・前年の見頃…10月20日頃から色づき始め、見頃は山頂で11月6日頃、中腹では12日頃で12月初旬まで続きました。

・予想…平年通りもしくは少し暖かさが続く場合は、昨年と同様もしくは少し遅めになり、寒さが強くなれば12月初旬までが見頃となる予想です。

 

愛知(香嵐渓)

 

愛知県豊田市足助町飯盛山にある巴川沿いに連なる渓谷で約4千本もの紅葉の木があり名所としても知られています。

 

・平年の見頃…11月中旬

・前年の見頃…見頃のピークは11月15日で12月初旬まで続きました。

・予想…暖かさが続けば例年通りもしくは少し遅めになる場合があり、遅くなった場合は見頃の期間が短くなる可能性もあります。

 

兵庫(瑞宝寺公園)

 

兵庫県神戸市の有馬温泉にある公園で安土桃山時代の太閤秀吉も訪れるほど昔から紅葉の名所としても有名な場所です。

 

・平年の見頃…11月中旬頃

・前年の見頃…見頃は11月9日から20日ごろまで、色づき始めは10月中旬からでした。

・予想…気温・天候などにより左右される場合もあり、暖かさが続くと多少ずれ込む可能性があります。

 

広島(宮島)

 

紅葉の名所として広島でも人気の高い場所である宮島、神社や日本庭園から見る自然の耳時は絶景と称されています。

 

・平年の見頃…11月中旬ごろ

・前年の見頃…10月初旬には色づき始めたことで11月前半から見頃として11月下旬まで楽しむことができました。

・予想…暑さにより色づき始めに影響が出る可能性が高く、天候によっては葉が落ちてしまう場合があるので、色づき始めの10月中旬から11月初旬あたりを目安とした方が良い傾向にあります。

 

大分(一目八景)

 

大分県中津市耶馬渓から見られる絶景の紅葉スポット、普段より観光地としても有名な場所です。

 

・平年の見頃…11月中旬ごろ

・前年の見頃…10月中旬より色づき始め11月初旬に見頃となり11月20日まで続きました。

・予想…暑さが続く場合、そして多めや台風などの影響があると平年通りであっても早く散る可能性があります。

 

全国的な予想は…?

 

同じ日本でもやはり桜と同じく地方によって温度差や環境の違いがあるので、多少なりとも差が出てしまいますが、だいたいの大まかな予測だけは押さえておくと目安となるので、全国的な状況も確認しておきましょう。

 

・前年の見頃について

 

2017年の紅葉の時期は、結果的に平年並みであった、もしくは平年よりも少し早めの傾向でした。

やはり気温や天候の影響を大きく受けてしまうことがあり、特に2017年は9月上旬の気温が平年に比べて低くなったことで、少し時期が早まった可能性があります。

ただ西日本は10月の中旬から気温が下がったことで少し早めに色づき、11月の天候も穏やかだったこともあって平年よりも2週間以上長く紅葉の時期を楽しめたところが多かったようです。

 

・予想

 

今年も昨年同様暑さが続いている夏ですが、10月までは気温が比較的高いと予想されています。

そのため全国的にも見頃を迎えるのは10月の中旬以降ではないかと考えられています。

北日本・東日本でも暑い日が続いているので、もしかすると今年は予想以上に遅れるという可能性も考えられるでしょう。

ただ9月・10月で気温がぐっと下がると一気に色づき始めるので、今後の情報には注意しておくと良いでしょう。

 

まとめ!

 

いかがでしたか?

 

もう今年の紅葉を見る場所は決まっているでしょうか。

 

だいたい決まっているのであれば、しっかりとその場所の傾向と、今年の気温を考慮して見頃を見定める必要がありますよね。

 

紅葉の名所付近はすぐに旅館やホテルもいっぱいになってしまうので、ぜひ早めに見極めてベストな時期に紅葉をたっぷりと楽しんでください!

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思って頂けたら下のSNSボタンをポチっと押していただけると嬉しいです。

Pocket