Pocket



スポンサーリンク

BUYMAの財布って本物?

 

 

BUYMAの財布って本物なの?って先日友人に聞かれました。

 

聞かれた理由は恐らく私がバイマの現役バイヤーだからからだと思います。

 

間髪を入れずに「本物だよ」と回答しました。

 

「なんで?何か心配なの?」と聞くと彼は、「だってBUYMAって検索すると『偽物』ってキーワードが出てくるからさ」と言いました。

 

なるほど~!バイヤーをやっていると時々「本物ですよね」とか「偽物ではないですよね」とお客様から聞かれる事がありますがそうゆう事かと納得しました。

 

なので今日は、BUYMAの財布は本物だし安心だよって所を現役バイヤー目線でお話ししようと思います。

偽物を扱うことはご法度!

 

当たり前の事なのですが、偽物を扱うなんて人としてありえないことです。

 

もちろん中には悪い人もいるかもしれませんがバイマで「パーソナルショッパー」として活動をしていると時々抜き打ちで「バイマ事務局」から仕入れ先のチェックが入ります。

 

内容としては、海外のオンラインショップからの仕入れであれば、ショップのURLだったり住所だったりを聞かれた上に、購入済の場合はレシートの写真の提出を求められたりします。

 

バイマも2004年から15年近くもやっていますからしっかり「本物」を扱うショップと「偽物」を扱うショップのデータを持っているんでしょうね。

 

また万が一偽物を扱った日には、故意でも故意でなくても売上金は貰えませんしBUYMAから処分を受けます。最悪アカウント停止。

 

偽物もタダじゃないですし偽物を扱うメリットがバイヤーに無いどころかデメリットしかないのです。

それでも不安なら!

 

こんな根拠もない声もあるようなので理屈は分かったけどそれでも不安なんだよ~って方もいると思いますのでそんな方にお勧めなのがこのサービスです。

 

BUYMAには無料鑑定サービスというサービスがあります。

 

どうしても不安な方はちょっと手まではありますが、これを使うことをお勧めします。

 

無料鑑定サービスは、万が一購入した商品が偽物だった場合にBUYMAが全額返金してくれるサービスです。

 

つまり万が一偽物を購入してしまっても購入代金は全額返金されるので、あなたにリスクはありません。心配性な方でもこれなら安心ですね。

 



スポンサーリンク

信頼できるショッパーの選び方!

 

 

現役バイヤー目線で見た場合のお話をさせて頂きますので、誰でもわかる総合評価を見たりなどは今回は触れません。

・不満評価の内容を見る

 

これは本当にお勧めです。不満評価の対応でどんなショッパーさんか分かるといっても過言ではありません。

 

理由は、バイマの総合評価はあがるときはゆっくりなのですが、一個不満が付くとけっこう下げられてしまうのでバイヤーはとっても気にしています。

 

明らかにバイヤー側に非があるのに不満評価に対しての対応が悪い方は避けた方がいいでしょう。

 

ただし世の中には理不尽なお客様はいらっしゃって、予め配送期間をお伝えしたのに遅いと言って不満を付けたり、自分が思っていた商品とイメージが違うから不満を付けたりという意味不明な方もいるのでその辺は良識的に見ると良いです。

 

予め記載してある事をしっかり読むのはお客様の責任の範疇かと思いますしバイヤー仲間と話をしてもやっぱりそうなります。またある一定以上理不尽なお客様はバイヤー側からもブラックリスト登録が出来るので最低限の良し悪しの判別はつけましょう。

 

BUYMAの安さの秘密!

 

これは簡単です。日本人が世界中から「お金持ち」て思われているので、普通に購入すると本来の価格に相当上乗せされているからです。

 

海外に行った時に海外のショップから買うとこのブランドがこんなに安いの?ってなりますし、抵抗が無ければご自身で海外のオンラインショップから直接買っても安いです。

 

ただ日本のショップとはだいぶ勝手が違ったり、送料がやたら高かったり関税がかかったりといろいろあるので信頼できるパーソナルショッパーさんがいるならばそちらから購入した方が楽かもしれません。

 

あとは私もですが、海外のショップに交渉してVIP待遇をゲットしたり大量購入したりして安く仕入れているパーソナルショッパーもいるのでそのレベルになると一般の方だと無理なのでBUYMAを利用するのが良いかと思います。

 

最後に一言!

 

パーソナルショッパー目線でバイマの財布は偽物か?というテーマについてお話ししましたが安心して頂けましたか?

 

もし疑問点があれば問い合わせて頂ければお答えしますので良かったらご連絡下さい。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

Pocket