はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

Pocket

スポンサーリンク





ドラマ この世界の片隅に ネタバレ注意!ヒサオは誰が?!

日本中を温かい気持ちにさせたアニメ映画「この世界の片隅に」が2018年7月 TBSの日曜9時枠で連続ドラマとして実写化されるとして今から話題になっています。

 

2016年11月に公開された映画「この世界の片隅に」は、1年が経過しても上映されるほどロングランヒットしたアニメ映画です。

 

この世界の片隅に」は、漫画家こうの史代さん原作を基にした映画で、この夏に本作が実写化されることとなり、ドラマ「この世界の片隅に」の脚本は岡田惠和さん、音楽は久石譲さん、演出を土井裕泰さん、プロデュースを佐野亜裕美さんが担当しています。

 

うーん!とっても楽しみですね~!今日はそんな中で注目の登場人物「ヒサオ」について触れていきたいと思います。

 

この世界の片隅にとは?

この世界の片隅に」は簡単に言うと、主人公のすずが戦後の広島で明るく行き抜こうとする話。

 

ドラマでは主人公のすずを松本穂香さんが演じ、すずの旦那さん役は松坂桃李さんが演じることになります。

 

映画では主人公すずの声優を女優ののんさんこと能念玲奈さんが担当していたことから、実写化ドラマでも主人公すずは能念玲奈さんが演じるものだと思われていましたが、蓋を開けたところ主人公を演じるのは松本穂香さんだったという訳です。

 

恋や戦争、家族模様など様々な視点から描かれた物語「この世界の片隅に」には様々な登場人物が登場します。

 

主人公のすずやその旦那、北条周作はもちろんのことですが、ヒサオこと黒村久夫がキーワードになっているのではないかとされています。

 

ヒサオとは?

ヒサオは一体誰なのかというと、すずの夫 周作の姉、径子が嫁ぎ先に残してきた息子。

 

径子は結婚して黒村家に嫁いでいたが、夫が病死した後嫁ぎ先と折り合いが悪くなり、黒村家が建物疎開で引っ越すことになったのを機に離縁し、娘と一緒に北条家に戻ってきました。

 

その際に黒村家の跡取りとして預けてきたのがヒサオということになります。

 

アニメ映画「この世界の片隅に」のエンドロールでは、ラストシーンから数年経ったと思われるシーンが何枚か登場します。

 

その中の1つに、男の子が流した小舟を晴美ちゃんが追いかけて四つ葉のクローバーを乗せ、それを更に陽子ちゃんが受け取るといった挿絵があります。

 

その3人が並んでいるカットが素敵だという人が多い中、小舟を流した男の子が一体誰なのか?と騒がれています。

 

映画を見た事がない人は一体何のことなのかサッパリ分からないと思うのですが、その男の子は“ヒサオ”ではないかという噂。

 

映画を見ていない人のために、ヒサオの存在は先ほど書きましたが、周作の妹 晴美は、戦争で亡くなっています。

 

そして、映画の最後のシーンで広島の焼け野原で彷徨っていた浮浪者が陽子。

 

映画ではその存在は明らかとされていませんが、ノベライズ版では「ヨーコ」と名付けられ、子供のできないすずと周作の娘代わりとして、空襲で亡くなった娘 晴美に陽子の姿を重ね合わせる径子。

スポンサーリンク





悲しい描写!

陽子は登場人物にとってとても特別な存在で、問題の3人の小舟を受け渡すシーンにも登場しています。

 

幸せの象徴でもある“四葉のクローバー”を小舟に乗せて、受け渡していく。

 

何とも意味ありげなシーンの1つですが、陽子は“家族の絆”と“戦後復興”の象徴なのではないかと推測されます。

 

普通であれば母親である径子と北条家に戻るはずのヒサオ。

 

戦争という時代背景が思い通りさせないもどかしさや、大切な人が次々と亡くなっていくといった壮絶なストーリーに心を打たれた人が多かったはずです。

 

女性目線で描かれていた原作とは違い、映画ではその補足として男性の登場人物の心情や視点が交えて描かれています。

 

実写化のドラマではそれがどのように変化するのか今から楽しみですね!

 

世界的名作へ!

漫画に映画にとても人気のある「この世界の片隅に」は、今や6ヶ国語に翻訳され世界中で親しまれています。

 

2009年には「文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞。

 

この世界の片隅に」の原作者 こうの史代さんは、この夏放送予定の実写ドラマについて、「実写ならではの要素が楽しみ」として、ドラマの放送を今から楽しみにしているようです。

 

さてさて、話がかなり脱線してしまいましたが、実写化ドラマのキャストについては、あらかた発表があったのですが、実は、ヒサオについては分かっていません。

 

ヒサオの母親であれ径子役を尾野真千子が演じるということは分かっているのですが、妹の晴美についてはキャスト未発表です。

 

合わせて読みたい「この世界の片隅に」情報はこちら!

この世界の片隅にのネタバレ注意!傘の意味を考察してみた!

 

ヒサオは誰が?

ヒサオについては何も情報がない状態。

 

実写化ドラマでヒサオの存在がなくなる…ということは考えにくいので、あえて発表していないのかもしれません。

 

この世界の片隅に」をこれまで1度も見たことがないという人は、実写化ドラマが始まる前に、原作のマンガ、映画を見ておいた方が良いかもしれませんね!

 

また、この他にも、2011年に日本テレビがスペシャルドラマとして、北川景子さん主演の「この世界の片隅に」を放送していますので、それも併せて観てドラマに備えましょう。

 

ヒサオを一体誰が演じるのかも含め、今からどんなドラマに仕上がっているのか、とっても楽しみです♪

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。



スポンサーリンク

Pocket

【Hulu】全ての作品がインターネットで見放題でコスパ抜群

『毎週見てたドラマ見逃しちゃった・・・』
『映画もアニメも海外ドラマも全部見たい・・・』
『けど操作が難しそう・・・』
『契約ってどうやってするの・・・』
『見放題ってことは月額高そう・・・』

見たい番組がたくさんあるけど、
どの動画サービスがいいのか分からないし不安・・・

とお考えの方は
非常に多くいらっしゃいます。

そんな方にオススメのサービスを
ご紹介します。

はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

スポンサーリンク