はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

Pocket

スポンサーリンク





ドラマこの世界の片隅にの第3話のあらすじや感想をまとめてみた!

ドラマ「この世界の片隅に」待ちに待った第3話が放送されました。

 

視聴率もいいようで、今期のドラマの中では注目ですね。

 

まだ見ていないという人はネタバレ注意!ですが、あらすじや感想について書いていくことにしましょう。

 

ドラマ「この世界の片隅に」第3話 あらすじは?

「この世界の片隅に」公式ホームページで紹介されている第3話のあらすじは下記の通り。

 

昭和19年6月のとある深夜。呉に初めての空襲警報が鳴る。

 

北条家では、すず・周作夫婦をはじめ家族全員が恐怖で飛び起きる。

 

呉の街も徐々に戦争の色が濃くなり、北条家・刈谷家で合同の防空壕を掘ることに。

 

そんな状況ではあるものの、すずの周作への想いは日増しに強くなる。

 

結婚して3ヶ月経つが、周作に見とれデレデレする毎日。

 

そんなすずの様子を見て、義姉の径子や幸子は煮え切らない気分からすずにキツく当たってしまう。

 

そんな中、周作には別の結婚話があったことを知らされたすずは、モヤモヤした気持ちを抱えたまま晴美と蟻を観察している時に誤って水がめの中に砂糖を落としてしまう。

 

砂糖は8月から配給中止になっている高級品。

 

その上、その一部始終を義母のサンに見られていた。

 

心の底からどんよりし落ち込むすずに、サンはヤミ市で砂糖を買ってくるよう自分のへそくりを渡す。

 

サンから貰ったお金でヤミ市で砂糖を買ったすずだが、その値段に驚き、改めて自分の犯した過ちに後悔する。

 

その帰り道、家に向かって歩いていたつもりのすずだったが、いつの間にか知らない場所に迷い混んでしまっていた。

 

通りすがり人たちに帰り道を聞くが、誰もが知らんという。

 

途方に暮れたすずだったが、その時にリンという女性に声をかけられる。

 

このようなあらすじが掲載されていたのですが、実際にドラマ「この世界の片隅に」の第3話を見た感想についてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク





ドラマ「この世界の片隅に」第3話の感想は?

第3話は、現代シーンから始まります。

 

佳代はどうやら介護の仕事をしていたということが分かりました。

 

カフェを開くための勉強をする佳代に、本当に呉の古民家でカフェをする気だと思った江口っちゃんが、自分の存在意義を尋ねるも曖昧な返事をされてしまう。

 

呉の古民家でカフェをするにしても、家の権利とかは大丈夫なのかと心配する江口っちゃんでしたが、佳代は、持ち主の許可はとったという。

 

そんな簡単に許可がとれてしまうということは、やはり佳代はすずと何ら関係のある身内なのか…、もしかすると介護の仕事で出会った人の中に、あの古民家の持ち主がいたのかも?!と勝手な推測をしてしまいました。

 

ここで話が変わり、時代は昭和19年6月の呉市。初めての空襲警報にすずも含め家族が怯える。

 

なぜかすずの手には布団叩きとハエ叩きが。

 

慌てたすずのとっさの行動に、警報解除後の雰囲気な和やかになったのは言うまでもありませんが、第3話ではこれまであまりなかった“戦争”の色が濃く現れてきました。

 

戦争の影響で配給も少なくなる中、決して美味しいとは言えないようですが、すずは一生懸命工夫をして料理をしています。

 

そんな大変な状況の中なのですが、すずの周作への想いは大きくなるばかり。

 

すずは幸せイッパイで浮かれまくっていたのですが、径子から周作に別の結婚話があったことを知らされ落ち込む。

 

過去の話とは言え、そんな話し聞きたくないですよね…。

 

幸子はその相手の女性について何か知っているようでしたが、本人から聞くようにと教えてもらえないすずなのでした。

 

気になるけど聞けない…というのが心情でしょう。

 

そんな気持ちを抱えながら晴美と蟻の行き先を辿っている時に、配給が中止になった砂糖が入った壺を水がめの中に落としてしまうといった失態を犯してしまうすず。

 

やってしまったものは仕方がないのですが、これはかなりの大失敗ですよね。

 

その一部始終を見ていたサンも呆れ顔でしたが、ヘソクリを渡しヤミ市で砂糖を買ってくるようにと、すずを庇ってくれるサンは本当に良い人だなと思いました。

 

しかも、径子には内緒で。

 

こんなことを径子に知られては、何を言われるか分かったもんじゃないですもんね。

 

そんなこんなでヤミ市言ったすずは、砂糖の値段が配給の60倍もする事を知りかなり驚く。

 

60倍はボッタクリ過ぎじゃないかと思いますが、配給も中止されるほど貴重な砂糖ですから仕方内ないのかもしれません。

 

自分の仕出かしたミスにショックを隠せないすずは、そのことばかり考えて歩いている内に道に迷ってしまう。

 

誰に尋ねても帰り道を聞くものの誰も知る人がおらず、途方に暮れたすずは地面に絵を書き始める。

 

そんなすずに声をかけてくれたのが、第2話の最後のシーンに出てきた周作と何か関係があると思われる遊女のリン。

 

こんな偶然があるのか?!と思いましたが、これも運命なのかもしれません。

 

長ノ木に帰りたいというすずにリンが帰り道を教えてくれる。

 

行ったことはないが、長ノ木について聞いたことがあると懐かしそうに話すリンだったが、すずも最近長ノ木に嫁いできたため詳しくはないというと、少し悲しそうな表情をする。

 

周りの状況からリンが遊女であることが分かったすずでしたが、お礼にとスイカの絵を書いて渡します。

 

なかなかのクオリティのスイカの絵でしたね。(笑)

 

すずの名字が“北条”だと知ったリンは、早く旦那さんのところに帰るようにと促す。

 

怪しさ満点ですが、すずはリンが何者か全く気づいておらず、まさか自分の愛する周作と何か関係があるとは思ってもみない様子でした。

 

場所は変わり、周作が同僚と酒を呑み訪れた場所で先に来ていた海兵と喧嘩になるも、仲裁をしてくれた誠実な海兵のお陰でその場は静まる。

 

その誠実な海兵というのが、すずの幼なじみで初恋の相手、水原だったのですが、こんな偶然が何度も??!と運命というのは恐ろしいものです。(笑)

 

翌日、周作からすずに忘れ物を届けて欲しいという連絡がきて、慌てて出かけるすず。

 

すずが来るのを外で待っていた周作は偶然通りがかったリンと遭遇。

 

リンが軽く会釈し、その場を立ち去ろうとしているところにすずが現れる。

 

すずは何も気付いていないようでしたが、凄いタイミングで出会うものだなと恐怖すら覚えました。(笑)

 

結局、周作はすずと逢い引きをするために呼び出したようで、それを知ったすずは本当に嬉しそうでしたが、何だか複雑ですね~。

 

すずが知りたがっていたアイスクリームをコッソリ用意してくれた周作は素敵過ぎましたが、引っ掛かることだらけ。

 

しかし、最後の周作の「人には選らばなかった人生も色々あるけど、わしゃぁ、すずさんを選んで本当に良かったと思っとる」と。

 

この言葉を聞けたので、私的には大満足!!

 

なのですが、来週の第4話では、周作の過去に何があったのかがすずにバレてしまうようです。

 

何だか複雑な人間模様が描かれていそうな予感がしますが、どなんな内容になるのかとっても楽しみです♪

スポンサーリンク





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

 

Pocket

【Hulu】全ての作品がインターネットで見放題でコスパ抜群

『毎週見てたドラマ見逃しちゃった・・・』
『映画もアニメも海外ドラマも全部見たい・・・』
『けど操作が難しそう・・・』
『契約ってどうやってするの・・・』
『見放題ってことは月額高そう・・・』

見たい番組がたくさんあるけど、
どの動画サービスがいいのか分からないし不安・・・

とお考えの方は
非常に多くいらっしゃいます。

そんな方にオススメのサービスを
ご紹介します。

はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

スポンサーリンク