はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

Pocket

ドラマこの世界の片隅にネタバレ注意リンと周作の関係と結末は?

遊郭で働く女性、白木リンと周作の間にはただならぬ関係があるようで、そのことについて、すずも気付いてしまいました。

 

2人の関係に気付いてしまったすずは相当ショックを受けていたようですが…。

 

まだ見ていないという人にはネタバレ注意!ですが、リンと周作の関係について色々と書いていくことにしましょう。

スポンサーリンク





リンと周作の関係とは?

ドラマ「この世界の片隅に」を毎回欠かさず見ているという人は、リンと周作の関係についてはもう知っていると思うのですが、どうやら2人は昔、男女の仲だったようです。

 

リンは遊郭で働く遊女の1人ということで、最初は周作もお客さんの1人だったのだろうと思われますが、いつしか2人は本気になってしまったよう。

 

結婚することを夢見ていたようですが、周囲からの猛反対を受け別れることに。

 

お互いに本気で好きになっていたのですから、別れる時は本当に辛かったのではないかと思われるのですが、そんな気持ちを吹っ切るかのように、結婚の相手に昔に1度遭遇したことのあった、すずの名前を出す周作であった。

 

「すずさんはわしに勇気を与えてくれる」という周作の言葉からすると、適当に結婚相手を選んだ訳ではなさそうなので、ある意味、周作とすずは運命の相手だったのかもしれません。

 

何せ、リンよりもすずに先に出会っていたのですから。

 

「人には過ぎてしまったこと、選らばなかった人生色々あるけど、すずを選んで良かった」という周作にとって、リンとのことは過去の出来事として片付けられているようですね。

スポンサーリンク





座敷わらしはリン?

昔、すずがお婆ちゃんの家を訪れた際に座敷わらしを発見し、スイカと着物をプレゼントしたという過去があるのですが、その座敷わらしの女の子がリンなのではないかという話があります。

 

座敷わらしの女の子は、すずが帰った後、柄の悪い男たちにどこかに連れていかれてしまうのですが、どうやらそれは、家族の多い貧しい家庭に生まれたため売られてしまったという悲しい事実があったようなのですが、当時はそんなことは日常茶飯事だったようです。

 

そんな座敷わらしの女の子がリンかどうかということなのですが、第6話を見るとその事実が分かります。

 

リンが「こまいころ屋根裏に隠れて暮らしとったこともあるんよ」と言います。

 

やはり、すずが幼い頃お婆ちゃん家の屋根裏から覗いていた座敷わらしの女の子がリンだったのだなと、話が繋がりました。

 

大人になったリンは遊女になっていた訳なのですが、柄の悪い男たちに連れていかれた後のことは、ドラマでは描かれていません。

 

しかし、原作マンガでは貧しい家庭に育ったリンは小学校に半年通ったところで売られて、裕福な家庭の使用人になり、そこで虐められ、虐めた相手をボコボコにして逃走。

 

そして、逃げ込んだ先がすずのお婆ちゃんの家の屋根裏で、暫く住み着いていたのをお婆ちゃんが食事を与えるなどして面倒を見ていたよう。

 

しかし、すずに見つかってしまったことで家を出たリンは、電車に乗り呉市に行き、そこで大人の女性に声をかけられて喫茶店でアイスクリーム食べさせてもらい、そのままその女性に連れられて朝日遊郭に。

 

そこで雑用として働き、大人になったリンは「二葉館」で遊女として働くようになる。

 

このように描かれていますので、柄の悪い男たちに連れていかれた時はまだ遊女として働けるような年頃ではなかったので、雑用として働かされていたのではないかと思われます。

スポンサーリンク





リンは死んでしまうの?

現在、第6話まで放送されているドラマ「この世界の片隅に」なのですが、まだリンは生きていたものの、意味深な言葉を残しています。

 

「みんな言うとるよ。空襲におうたら綺麗な死体から片付けてもらえるそうじゃ。」

 

「人は死んだら記憶も消えてのうなるじゃろ。秘密も無かったことになるね。」

「それはそれで贅沢なことかもしれんよ。自分専用のお茶碗と同じくらいにね。」

 

何だか、自分の死を予感しているかのようなリンの発言なのですが、原作マンガでは、リンがいる遊郭が空襲でやられ崩れさるシーンが、アニメ映画ではリンからもらった口紅が粉々に砕け散るシーンが描かれており、リンが死んだことを描いているものだと思われます。

 

ドラマではリンの死がどのように描かれるのかはまだ分かりませんが、意味深なリンの言葉を考えるとやはりリンは死んでしまうのではないかと…。

 

いつも綺麗にしているリンですから、死んだらすぐに片付けてもらえるのかも。

 

ということは、リンの姿を見られるのは、もしかすると第6話で最後だったのかもしれませんね。

 

次週、第7話のあらすじではリンが登場するのかどうかまでは分かりませんでしたが、すず自身も戦争の被害に遭ってしまうようです。

 

ますます戦争の色が濃くなってきて、すずを含めその周辺の人たちも被害を受けてしまうようで、見るのが辛い気もしますが、見ずにはいられませんね。

 

リンが一体どうなるのかも気になりますが、辛い現実に目を背けないように、第7話もしっかりと見ていきたいと思います。

 

ドラマ「この世界の片隅に」第7話もお見逃しなく!!

Pocket

【Hulu】全ての作品がインターネットで見放題でコスパ抜群

『毎週見てたドラマ見逃しちゃった・・・』
『映画もアニメも海外ドラマも全部見たい・・・』
『けど操作が難しそう・・・』
『契約ってどうやってするの・・・』
『見放題ってことは月額高そう・・・』

見たい番組がたくさんあるけど、
どの動画サービスがいいのか分からないし不安・・・

とお考えの方は
非常に多くいらっしゃいます。

そんな方にオススメのサービスを
ご紹介します。

はじめて動画配信サービスを利用する人にピッタリ!

色々な番組をお得に見るなら【Hulu】がオススメ

そもそも【Hulu】ってどんなサービスなの?
ということですが、

インターネットを使ってパソコンはもちろん
スマホやタブレットでも
好きな番組を好きな時間に
いつでも楽しめるサービスです。

月額933円(税抜)ですべての作品が見放題という
わかりやすい料金プランが魅力なんです。

旧作から新作まで約50.000本以上の作品が見放題で、
月額料金に追加料金は一切不要。

2週間の無料トライアルが出来るので、
今すぐ無料で試してみましょう。

スポンサーリンク