Pocket

スポンサーリンク





バンタム級世界戦 井上尚弥VSジェイミー・マクドネル!

ライトフライ級、スーパーフライ級と2階級を制覇、スーパーフライ級に至っては7回の防衛を果たした井上尚弥選手がスーパーフライ級のチャンピョンベルトを返上しました。

 

そして今回挑むのは1階級上のバンタム級のチャンピョンジェイミー・マクドネル選手。

 

チャンピョンとしての立場ではなく挑戦者として、3階級制覇をかけて試合に臨みます。

 

両選手のプロフィール!

・井上尚弥

1993年4月10日生まれ、神奈川県座間市出身のA型で大橋ボクシングジム所属。

ボクシング史上初めて高校生にして7つのタイトルを獲得。

プロ転向後の戦績は15戦15勝0敗13KOで無敗。

ジムの大橋秀行会長につけられた異名は「怪物(モンスター)」筋力、反射神経、動体視力等の数値は常人とあまり変わらない数値ですがこれまでに試合中にダウンを奪われたり流血した経験はないそうです。

・ジェイミー・マクドネル

1986年3月30日生まれ、イギリス(サウス・ヨークシャー州ドンカスター)出身

マッチルーム・スポーツ所属、双子の弟ギャビン・マクドネルもプロボクサー。

戦績は32戦29勝2敗13KO。

元IBFバンタム級王者で現WBAバンタム級王者(6度防衛中)

過去には亀田三兄弟の和毅選手と対戦した事もあります。

この時はプロ初のダウンを奪われましたが最終的には3-0で判定勝ちしています。

 

試合の見所!

試合の見所の一つは何と言っても井上選手が三階級制覇を達成できるかどうか。

 

ここまで無敗を続けてきた井上選手が異名であるモンスターっぷりを発揮できれば三階級制覇を実現するかもしれませんね。またこの試合にはWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)への出場権がかかっている点も見所です。

 

WBSSは世界の強者から8名を選んで行なわれるトーナメントで今回の試合の勝者がエントリーすることにほぼ決まっているそうです。

 

WBSSの優勝賞金は5000万ドル、もし優勝できれば富と栄誉の両方を手に入れることができます。

スポンサーリンク





試合の結果予想!

井上選手のパンチは相手のガードごと粉砕してしまう位のまさにモンスターと言うべき破壊力です。

 

しかし今回は階級を上げてのチャレンジになる為、相手のパンチ力も今までとは違います。

 

その上対戦相手はその階級の現王者、井上選手のパンチが通用するかどうかが鍵ですね。

 

今回マクドネル選手は挑戦を受ける側ですがその姿勢は挑戦者を王者として迎える姿勢とはかけ離れています。

 

井上選手の力量を認めて付け込む隙を見つけ出そうとしています。

 

このような油断の無い姿勢で来られてしまうと井上選手も今までのようには行かないかもしれませんね。

 

マクドネル選手は身長178センチ、リーチは183センチ。井上選手は身長164センチ、リーチは171センチ。

 

身長で14センチ、リーチで12センチマクドネル選手が上回っています。

 

破壊力抜群のパンチで圧倒しようとする井上選手とリーチを生かして的確にポイントを狙ってくるマクドネル選手の攻防はどちらが勝ってもおかしくはないですね。

 

試合はいつ?どこで?テレビ放映は?

試合の開催日は2018年5月25日金曜日に東京の大田区総合体育館で行なわれます。

 

テレビ放送も勿論あり、5月25日の19:57分からライブ中継で放送。

 

最近のスポーツ中継は衛星放送のみでという事も多いですが今回は地上波のフジテレビでの放送(関西は関西テレビ)なので衛星放送の契約をしていなくても見ることが可能です。

 

試合会場で直接観戦できればそれに越したことはありませんがそれが無理ならばせめてテレビの前で試合のライブ観戦はしたいですね。

 

階級を上げてバンタム級制覇を目指す井上選手、勝敗にかかわらず今回の試合を最後にスーパーバンタム級へと転向するマクドネル選手、どちらが勝つかはわかりませんが見ごたえのある試合になるのは間違いないと思います。

 

こちらも必見!井上尚弥情報!

井上尚弥の次戦は2018の5月25日!モンスターに大注目!

 

最後に一言!

 

世紀の一戦絶対見ましょうね。そして井上選手のKOを期待しましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

Pocket