Pocket

新時代のスター候補 天才スポーツキッズを見つけました。

 

それは、5歳でゴルフの世界ジュニア選手権を制し、翌年には連覇を達成した須藤弥勒ちゃん。

 

バラエティーやCMにも出演して注目されていますよね。

 

そんな、すごい経歴の弥勒ちゃんですが、初めて見た人はその容姿にくぎ付けにくぎ付けになるのではないでしょうか。

 

とにかく太ってる。

 

あそこまで太るとゴルフにも悪影響じゃないのか?とこっちが心配になってしまうほどの見事に太ってる。

 

超天才スポーツキッズが超太って件について早速調査してみましょう。

スポンサーリンク





天才キッズ須藤弥勒ちゃんはいつから太っているの?

 

弥勒ちゃんはその名を世界にとどろかせたのは史上最年少で世界ジュニア選手権を5歳で制覇した時でしたね。

 

ゴルフ界では有名だったのでしょうが、一般人が弥勒ちゃんを知るのはこのころです。この時弥勒ちゃん5歳、すでに太っています。

 

弥勒ちゃんの紹介映像をみると0~2歳くらいまでは、普通の女の子です。お母さんの趣味でしょうか、花柄のワンピースをきて育ちの良いお嬢さんといった感じでおもちゃのゴルフクラブで遊んでいました。

 

そして3歳のころも普通の体型ですが、このころ弥勒ちゃんはお父さんに買ってもらった特注ゴルフクラブで練習を始めています。

 

3歳の子どもに特注クラブを買い与えて実際に練習場でゴルフボール打たせるって普通はあんまりないですよね。

 

ちなみに買い与えたお父さんは東大卒のインテリパパですが、ゴルフ経験なし。それから、4歳のころの映像はあまりなくて、5歳、世界ジュニア選手権で優勝する時は、かなり太ってます。貫禄すらあります。

 

ですので、弥勒ちゃんが太りだしたのはジュニア選手権を制する2年前くらいからということになりますね。

 

私は東大卒のお父さんが本気で世界を見据えだしたが特注クラブを買い与えた3歳ごろだと予想していて、このあたりの背景に弥勒ちゃんの体重の秘密がありそうです。

 

体重は飛距離を出すために必要?

 

弥勒ちゃん、どうみてもスポーツしている子供にはみえないですよね。なにか理由があるんじゃないかな~っと思うんです。

 

弥勒ちゃんは現在、母、兄弟が暮らす群馬の実家を離れ、お父さんと拠点を茨城に移して練習をしています。

 

しかも、国内ツアー10勝、獲得賞金は4億をこえる高木亜紀プロを週5回、専属コーチに迎えています。(高木コーチは弥勒ちゃんの為に千葉から茨城に拠点を変更)ここまでして本気で「伝説のプロ」を目指す弥勒ちゃんと家族が、もし体重や体型がゴルフに悪影響ならほっておかないと思うんです。

 

弥勒ちゃんは7歳にして、ドライバーで180ヤードをたたき出します。

 

大人顔負けです。

 

でも、どんな才能があっても小さな体で桁外れの飛距離を出すのは、物理的に無理ですよね。

 

どうしてもパワーが必要で、細身の体では桁外れのパワーは出しようがない。

 

規格外のパワーを出すためには、他人に何と言われてようとも、あの体重と体型は必要なものなのかもしれません。

スポンサーリンク





すべては伝説のプロになるために!

 

弥勒ちゃんを初めて見たときは、正直「病的に太ってる」「どうしてあんなに顔がパンパンなの」と思いました。

 

でも考えてみたら、日本人が世界で活躍するためには日本人離れをした身長や体格が必要なスポーツがある一方、ゴルフは小柄であってもそれ以外の要素を磨けば世界で戦うことができるスポーツでもあります。

 

弥勒ちゃんの場合、小さな体で世界を制するパワーが必要だから体重を増やしているのだと思います。

 

弥勒ちゃんは夢である伝説のプロとは「自分が死んでもずっと語り継がれているプロのこと」と言っています。

 

語り継がれるプロ、、、弥勒ちゃんは幼いころから偉業を何度も出し続けるゴルフプレーヤーを思い描いているのかな。

 

どうして太っているのかまとめ!

 

今回、天才スポーツキッズ須藤弥勒ちゃんがどうしてあんなに太っているのかという件について調べてみましたが、答えは「夢の為に必要だから太ってる」でした。

 

弥勒ちゃんも年を重ね体が大きくなり体重が不必要になればきっと落としていくのだと信じています。太りすぎは体に良くないですからね~。

 

世界で活躍する須藤弥勒ちゃん、これからも応援しています。

スポンサーリンク





Pocket