Pocket

スポンサーリンク





宇野昌磨のブログに注目!Amebaブログで人気になる理由とは?

宇野昌磨といえば、2018年最も注目されているフィギュアスケーターの1人です。

 

ルックスも抜群、演技力も抜群、性格は天然キャラで皆に愛されている…もう非の打ち所がないですよね。

 

ただ…よく羽生結弦と比較されてしまうこともあり、厳しい時期を過ごしている苦労人でもあります。

 

(おそらく、宇野昌磨本人は苦労しているなんて思っていないですし、比較をされていても全く意に介していないと思いますが…)

 

そんな宇野昌磨は、とにかく人気が高く注目を浴び続けています。

 

バロメーターとして参考になるのがブログです。

 

Amebaブログでは!

Amebaブログでは、どのような注目のされ方をしているのか?を見ていきましょう。

 

女性から圧倒的な支持を得ている!

 

宇野昌磨を取り上げているブログはとにかく多いです。

 

そして、そのブログのオーナーの多くは女性です。

 

当たり前のことではありますが、このルックス、性格、実力があれば、女性を虜にしちゃいますよね。

 

男から見ても、可愛らしいしカッコいいし…そりゃモテるよと思う人も多いです。

 

Amebaブログの総合アクセス数を見ても、羽生結弦に引けを取らないほど。

 

とある女性スケーターの写真が批判の的に…!

 

2018年5月28日…とある事件がAmebaブログを賑わせています。

 

それが、安藤美姫と宇野昌磨の2ショット写真です。

 

拝見しましたが、思わず苦笑いをしてしまいました。

 

宇野昌磨の肩に安藤美姫が肘を乗せているショットです。

 

もしこれが安藤美姫ではなく羽生結弦だったら、いい師弟関係と賞賛されそうですが!?

 

女性ファンが多い宇野昌磨に対して、安藤美姫の行動は…そりゃ批判の的になっちゃいますよね。

 

ともあれ、ここからも宇野昌磨がAmebaブログ上でも注目されていることがよく分かる出来事となっています。

スポンサーリンク





宇野昌磨のニュースがあっという間に広がる!

人気のバロメーターの1つとして、情報の鮮度が挙げられます。

 

人気者であればあるほど、すぐにネットで拡散される世の中になっていますからね。

 

宇野昌磨はどうなのか?

 

当然、凄い勢いでブログなどで情報が拡散されていきます。

 

もちろんAmebaブログもトレンドになる勢いで拡散。

 

正直なところ、こんなにも注目されていて、こんなに早く色々な人が記事にしているんだなと驚くばかりです。

 

先程、取り上げた安藤美姫とのツーショット写真は、大してニュースに取り上げられていないにも関わらず、この拡散ぶりですから…。

何故、そんなに熱狂させてくれるのか?

宇野昌磨は人を何故、ここまで人を魅了するのか?気になるところですよね。

 

個人的には、やはり「芯の強さ」「心の強さ」を持っているからと思います。

 

何事にも動じない、自分自身のことを理解している強さっていうですかね。

 

冒頭でも記載しましたが…どうしても羽生結弦と比較されたり、セットにされたりということが多くなってしまいます。

 

一般人の考え方であれば「嫌だな」と思うのが普通。

 

だけど、宇野昌磨という選手は「そりゃ羽生結弦は凄い人だもん。だけど、俺は俺」という心の強さを持っているということですね。

 

だからこそ、天然エピソードが多いのかと。

 

「自分はこうだから」と信念を持って行動をするため、多少、他の人とは違う行動になってしまうわけですね。

 

しかも、やることなすこと嫌味が全くないんですよね。

 

結果、可愛いと映って、女性の心を鷲掴みにしてしまうのだと…。

宇野昌磨自身が発信しているSNSなどは?

残念ながら、宇野昌磨自身が発信しているブログ、SNSはなさそうです。

 

ファンとしてはぜひともやって、本人の生の声を聴いたりコミュニケーションを取りたいと思うところなのですがね…。

 

正直なところ、今後もする気配もありません。

 

キャラ的に、宇野昌磨はSNSなどに興味を持つタイプでもなさそうですしね。

 

もし…本当にもし…ほんの少しの可能性はあるかと思うので、ファンとしては、この低い可能性に期待して動向を見守っていきましょう。

 

最後に一言!

 

宇野昌磨選手ほんと人気ですよね~!最近はやっているDIESELのTシャツも宇野昌磨選手が人気の火付け役だという声もあるくらいです。

 

フィギュアスケートでの活躍はもちろんですが、今後はそれ以外の分野でも話題を振りまいてくれそうですね。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket