Pocket

スポンサーリンク





山口もえの出産した病院は?

 

 

タレントの山口もえさんがテレビ朝日の「徹子の部屋」に1日出演して旦那さんである「爆笑問題」の田中裕二さんとの結婚生活を語っていました。

 

山口もえさんといえば、前の旦那さんである尾崎茂雄さんとの間に二人のお子さんがいらっしゃるシングルマザーでしたが、2015年10月に田中裕二さんと再婚をしました。

 

一方の田中裕二さんといえば、過去に左側の睾丸肥大による摘出手術を行なっていて、子づくりに支障はないとの事でしたが、元嫁との約9年間の結婚生活でも子宝に恵まれていなかった為に、子供は諦めていた所があったようです。

 

それが一転2017年の5月24日に二人の間の子供を出産しました。ほんとめでたいです。

 

今回山口もえさんの久しぶりのテレビ登場でそういえばどこの病院で出産をされたのだろうという疑問が再燃してきたので、今回調べて参りました。

有名人が出産する病院!

 

何かと注目されるところですよね。『セレブ出産』とも呼ばれています。

 

最近一番注目されたのが、イギリスのキャサリン妃が出産をしたセント・メアリー病院はとっても注目が集まりましたよね?

 

すごく由緒正しい病院って感じでした。

 

残念ながら、日本の有名人が出産する病院の情報はありませんでした。

 

きっとデリケートな部分なので、病院側もプライバシー絶対保護しますって感じなのかもしれませんね。

ブランド産院御三家!

 

日本ではブランド産院御三家という病院があります。本当のセレブの方々ようなんでしょうね。

 

1.愛育病院(東京都港区南麻布)

こちらは天皇陛下の誕生を祝し、昭和天皇からの御下賜金をもって、母子保健の改善を目的として昭和13年に設立された病院です。

大部屋と個室のどちらかを選択することが出来ますが、標準の二人部屋使用の正常分娩で入院費用も含め総額が約68万円となります。

一般的な出産費用は平均49万円と言われているので高級な事は間違いなさそうです。

 

2.山王病院(東京都港区赤坂)

山王病院は全室個室で、バス・トイレ・テレビ・冷蔵庫だけでなく、キッチンまでついてくる病院です。そして一番高い部屋で1日約10万円です。

出産費用の目安は、通常の個室は135万円~で高級な個室は200万円~となっています。

あくまで入院期間7日間での費用で、痛みを和らげる麻酔が打てる「和通分娩」などは別途料金です。

 

3.聖路加国際病院(東京都中央区築地)

あの有名な日野原重明先生が理事長を務めていた聖路加国際病院、100年以上の歴史を持ち、全室個室でプライバシーを重視した造りとなっています。

聖路加国際病院の出産費用は、入院から分娩費用、食事代などをすべて合わせて80万円?90万円と言われています。

その中でもVIPルームは一日4万円が上乗せされ、100万円以上の費用がかかります。

 

スポンサーリンク





 

山口もえさんはどこで出産したか?

 

 

すいません。これに関してはデリケートな所なのもあり情報をつかめませんでしたが、有名人なのに一切情報が無いところをみるとやはり高級なプライバシー保護のしっかりした病院であることは間違いなさそうです。

 

可能性がありそうなところは、田中裕二さんとの新居がある世田谷区周辺の病院かともいわれています。

 

永寿総合病院、吉田産婦人病院、国立成育医療研究センター、成城マタニティクリニック、杉山産婦人科、財団法人日産厚生会玉川病院あたりが可能性があるのではないかという情報が多かったです。

 

私の予想としては、田中裕二さんがとっても山口もえさん想いである事ややっと出来たご自身の初めてのお子様である事、田中裕二さんの収入などを考慮すると『山王病院』ではないかと思いました。

最後に一言!

 

今日のテレビ出演で、幸せオーラたっぷりの山口もえさんをみて夫婦仲が一番大事だなって思われた方も多かったのではないかと思います。

 

田中裕二さんの目線で考えるといかに山口もえさんの事が好きでも全員連れ子ではちょっと可哀そうな気がしますし、今回田中裕二さんにとっての本当のお子さんが誕生したことによってますます夫婦仲が良くなったらいいなと思いました。

 

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 



スポンサーリンク

Pocket