Pocket

スポンサーリンク





川谷絵音の才能が凄い?!

何かとお騒がせな川谷絵音さん。

 

ファンの間では“えのぴょん”などと呼ばれて愛されている様子。

 

2016年1月にベッキーさんとのゲス不倫をスクープされ、その名前は一躍有名に。

 

名前ばかりが有名になり、一体川谷さんって何者?!と思っている人のために、川谷さんの情報を少し。

 

川谷絵音!

名前:川谷絵音(本名:川谷健太)

誕生日:1988年12月3日(29歳)

出身地:長崎県

所属バンド:indigo la End(活動自粛)

ゲスの極み乙女(活動自粛→2017年3月31日活動再開)

ジェニーハイ(2017年7月31日プロデュース及び楽曲製作担当)

Ichikoro(2018年3月25日からギター担当)

 

川谷さんと言えば“ゲスの極み乙女”しか思い浮かばない人も多いかもしれませんが、実はミュージシャンとしては素晴らしい才能の持ち主なのだそうです。

 

川谷絵音の才能!

川谷さんは男としては最低かもしれませんが、音楽に関しては天才!

 

川谷さんの何が凄いのかというと、作詞・作曲のスピードが最強に速いということ。

 

バンドを掛け持ちし、それぞれに作詞・作曲をしつつ、ギターにボーカル、その他にも多くのグループに楽曲を提供。

 

えっ?そんなことが可能なの?!

 

と驚かれる人が多いかもしれませんが、彼にはそれができるのです。

 

寝る暇を惜しんで音楽制作をしているのか?と思いきや、川谷さんには女性の話題が尽きません。

 

そのことを考えるとプライベートを犠牲にしている訳ではなさそう。

 

川谷さんの実演!

とある番組に出演した川谷さんが、その凄さを実演。

 

与えられたお題に対して即興で曲を作るというもの。

 

この時はたった32分で曲を作成。

 

その他にも、番組が用意した1分半の映像を見て作詞・作曲をするというもの。

 

この時も1時間も経たない内に曲が完成してしまいました。

 

この2つは「関ジャム」での企画だったのですが、「アウト×デラックス」でもキーワードを元に曲作りをし、たった10分で完成。

 

しかも、適当に作っている訳ではなく、どの楽曲もCD化されるのではないかというほどデキが良いのです。

 

これは川谷さんが“音楽の天才”と言われる意味も分かりますね。

スポンサーリンク





ベッキーとの熱愛!

川谷さんの名前が一躍有名となった事件、ベッキーさんとの熱愛報道。

 

老若男女問わず愛され、国民的大人気だったベッキーさんが地に落ちることになってしまった事件なのですが、問題は川谷さんに奥さんがいたということ。

 

ベッキーさんも川谷さんに奥さんがいることを知っていながら不倫をしていたという訳で、イメージはがた落ちし、しばらく芸能活動を休止することに。

 

知っての通り、芸能復帰はしたものの、ベッキーさんを前ほどテレビで見かけることはなくなってしまいました。

 

川谷さんは健在!

しかし、当の本人、川谷さんは違います。

 

奥さんと話し合いの結果、離婚はするも、一時活動を休止していた音楽活動も難なく再開。

 

しかも、その後、未成年であった ほのかりんさんとの熱愛がスクープされることに。

 

ほのかりんさんと川谷さんの出会いがBarだったということから、未成年飲酒問題が浮上。

 

しかし、その時はお酒は飲んでいないとするも、別で飲酒をしていた事実を認めました。

 

ほのかりんさんはNHKのレギュラー番組や出演予定の舞台を降板することとなり、芸能界を追放されてしまうといった噂も浮上。

 

現在、テレビでほとんど姿を見かけないのは彼女も同じで、川谷さんと熱愛報道された女性は不幸になってしまうといったジンクスまで生まれています。

 

川谷さんの才能が!

色々騒がれはするも、なぜか川谷さんが芸能界を追放されることはない…。

 

熱愛報道→お別れ した女性たちからすれば「何で自分だけ!」と思うかもしれませんがこれが事実です。

 

ゲス不倫をしても川谷さんが干されないのは、やはり川谷さんの音楽的才能が凄いからではないでしょうか。

 

川谷さんが音楽に触れることになったのは高校生の時。

 

中学生からサッカー部に所属していた川谷さんは、高校に入り友達とギターを始めたのをきかっけにサッカー部も退部。

 

大学に入り軽音楽部に入り本格的に音楽活動をし、音楽活動に専念するため休学するまでに。

 

mixiでバンド仲間を募集するも、外部でバンドを結成したということで部員からブーイングおきて退部することとなり、結成したバンドも自然消滅。

 

苦しい時期も!

 

その後、自暴自棄になった川谷さんは「お笑い芸人」を目指し、養成所に入るための資金を貯める為にアルバイトをする傍ら、音楽への熱を捨てきれなかったのか「indigo la End」を結成しました。

 

2012年に初の全国リリースとしてindigo la End「さようなら、素晴らしい世界が」をリリースし、2012年5月に「ゲスの極み乙女」を結成。

 

その後、2014年4月に「indigo la End」「ゲスの極み乙女」両方が同時デビューすることになりました。

 

自身が所属するバンドが同時にデビューするというだけでも凄いのですが、川谷さんはその後、もの凄いスピードでよい曲をバンバンとリリース。

 

合わせて読みたい川谷絵音情報はこちら!

川谷絵音の彼女は?恋多き川谷さんの歴代彼女も要チェック!

 

最後に一言!

男としては最低だけど、川谷さんが作る曲は本当に素晴らしい!

 

外見もイケメンとは言えないのに、何故か女性にモテる。

 

やっぱりこれは、川谷さんに音楽に対する才能が世の女性を惹きつけるのではないでしょうか?!今後もアーティストとしての川谷さんには期待ですね。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket