Pocket

スポンサーリンク





こんにちは、たかまるです。

今日は、『チョレイ』の雄たけびで有名な張本智和選手についてのお話です。

今日も世界ランク1位の樊振東(中国)を3-1で撃破し東京オリンピックでの金メダルが期待できるレベルまで来ているとの呼び声が高い張本選手!

ですがどうしても『チョレイ』のイメージが一番に来てしまいなんだか損をしていそうですね。

ちなみに『チョレイ』の意味は、ちょろいや馬鹿、マヌケ、たいしたことないな、のろま、弱すぎなどの意味があるようでしてあまりよろしくはないのかなと思ってしまいますね。

ただ実際は喜びを表すときに無意識に出ているような印象も受けます。

様々なニュースを見ていても不快に感じるなどの意見もある事から控えたほうがご本人にもよさそうですね。

今日の試合の映像を見てみたのですがあまり叫んでいなかった感じがしました。

ただ水谷選手や世界ランキング1位の選手を破ったりと実力がある事は間違いないので、逆境にめげずに頑張って欲しいですね。

そんな張本選手のプロフィールですが、

本名:張本 智和(はりもと ともかず)

出生名:張 智和(ちょう ともかず)

愛称: 怪物、神童、100年に一人の逸材

生年月日:2003年6月27日

国籍:中国→日本

血液型:O型

身長:172㎝

体重:61㎏

靴のサイズ:28㎝

まだまだ大きくなりそうですね。

張本選手が卓球を始めたのは2歳の頃と言われており、小学校1年生で全日本卓球選手権バンビの部に優勝。

ちなみにバンビの部とは、小学生以下が対象との事ですから小学一年生で六年生などの中に入って優勝していたことになりますね。

小学一年生と六年生って全然違いますよね?

母親が世界卓球選手権元代表選手の張さんで父親は現在コーチを務めている張宇さんという事もあり英才教育がなされたんでしょうね。

まとめですが、まだ十四歳ですから『チョレイ』のような評判を悪くしてしまう事もしてしまっているようですが、これから大人になりその辺も伴って全ての人から快く応援してもらえるような選手になって欲しいと思います。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。



スポンサーリンク

 

Pocket