Pocket

張本智和選手の両親が帰化した理由は?

 

 

卓球選手の張本智和選手の両親が帰化した理由が気になってしまいました。

 

実は最近まで張本智和選手のご両親が中国国籍だという事を知らなかったので、たまたま今日(5月2日)に世界卓球2018団体戦があるというニュースを見かけたときに初めて知りまして一気に気になってしまいました。

 

だって両親が中国国籍の場合は、張本智和選手は中国人って事になりますよね?

 

やっぱり中国人の血は強い卓球選手を産むのかな~なんてことを考えながら調べてみました。

帰化とは?

 

知っていらっしゃる方も多いかとは思うのですが知らない方も多いと思いますのでしっかり調べてきました。

 

『帰化』とは日本国籍を持っていない外国人が、国に申請して日本国籍を認めてもらう制度です。

 

なるほどなるほど、シンプルに「外人さんが日本人になる為の制度」って理解が簡単ですね。

 

日本では、ここ数年では年間10000人~12000人くらいの帰化申請を受けていて、90%以上が許可されているようです。

 

確かに少子高齢化ですから、日本人になりたいという方はだいたい受け入れているのかもしれませんね。

帰化した有名人は?

 

・蓮舫さんが最近だと印象にあるかたも多いのではないでしょうか?蓮舫さんは台湾から帰化しています。二重国籍問題大丈夫なのかな?

・あの孫正義さんも韓国から帰化しています。確かに孫さんって珍しいとは思っていました。

・他には素敵な歌声で有名なクリス・ハートさん。

・俳優の阿部力さんも中国から帰化されています。

・ボビー・オロゴンさんも「近田ボビー」として2007年に帰化されました。

 

皆さんご存知でしたか?調べてみると「ああそうだったのか」ってなりませんか?

 

今あげた人は同じ日本人なんですね。

帰化したのは張本選手の希望!

 

 

張本智和選手のご両親は、夫婦そろって中国でも有名な卓球選手で、父親は男子ジュニア日本代表コーチの張本宇さん、母親は世界卓球選手権の元代表選手張凌さんです。

 

それぞれに中国にもどってコーチをしないか?と何度も声がかかったにもかかわらず、日本に帰化した理由は張本智和選手の希望だったようです。

 

張本智和選手は、自らが生まれ育った場所である日本を自分の故郷だと思っており、日本の国旗を背負って戦いたいという思いがあったようです。

 

その意思が固まったのが、小学四年生の時だと言われています。

 

母親は卓球選手になることを反対していた!

 

以前、張本智和選手のお母様は、「夫と共に卓球の厳しさを知るだけに、当初は選手になるのは反対でした。」と語っておられましたが、考えが変わったのは小学4年の時の全日本ジュニアの県予選だったそうです。

 

3ゲーム選手で0-2のゲームポイントを握られた時だったそうです。

 

そこから3-2と大逆転したことを見てこの子は違う。私を超えたと思ったそうです。

 

逆転ならば張本智和選手はよくしているのですがお母様をそこまで思わせる言葉に出来ない何かがあったんでしょうね。

 

それ以来、お母様は張本智和選手の卓球人生を支えようと考え直したそうです。

最後に一言!

 

 

張本智和選手というと「チョレイ」という掛け声がうるさいとか相手選手に配慮がないとか叩かれてしまっているのをよく見かけますが、『日本に帰化』して日本の為に頑張りたいという熱い気持ちを持ってくれていたことが分かりとても良かったです。

 

最近では、「チョレイ」などを自制する姿も見れていますしこれだけ実力がある選手なので余計な所でマイナスポイントを拾わずに頑張って欲しいと思いました。

 

東京オリンピックで金メダルを取ってくれる可能性の高い選手ですし皆で気持ちよく応援してあげたいですね。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

Pocket