Pocket

スポンサーリンク





日本VSポーランド戦の感想と決勝トーナメントの展望をまとめた!

いやはや賛否両論の試合になりましたね。

 

かくいう私も色々と思うところがあります。

 

ということで、早速、vsポーランド戦の感想と今後の展望についてまとめていきたいと思います。

日本vsポーランド戦の感想!

やはり触れずにはいられない西野采配。

 

「ギャンブルに西野監督は勝った」ただただそれだけのことです。

 

色々なリスクを鑑みた結果、セネガルvsコロンビアの結果に身を委ねる方法が一番確率が高いと判断したわけですね。

 

その勝負に西野監督は勝ったので、そこは評価すべきではあります。

 

決勝トーナメントに出ることは非常に大きなことで、今後の日本代表が成長していくためには大きな財産になることは間違いありませんからね。

 

いちサッカーファンとして冷静に考えれば、このように評価するのが正しいのかもしれません。

 

リスクに対する考え方の違い!

個人的な意見を言わせてもらえば、大きなため息しかでませんでした。

 

リスクを追うのであれば、他力本願ではなく自分たちの力で勝負を決して欲しかったというのが正直なところです。

 

つまり意地でも引き分けに持ち込んで予選突破をして欲しかったということ。

 

それで0-2され絶望的になったとしても「日本はまだ弱かった」と納得のいく敗戦になるわけです。

 

もしこれで、セネガルが追いついていたら、時間稼ぎのボール回しをしているだけだったとと悔やんでも悔やみきれないダメージを追ってしまうことに。

 

ともあれ、日本人として、そしてサッカーファンとして散り際は美しくあって欲しいなと強く感じた試合でした。

 

平たく言えば、玉砕覚悟の侍魂、大和魂を見せて欲しかった…これが感想です。

 

逆説的に…だから勝負師なのか?

言うまでもなく、西野監督もセネガルが同点に追いついた場合のことを想定していたはずです。

 

日本に帰ったとき、どのようなことになるのか?など。

 

完全な戦犯扱いになり、暫くの間、外を歩けないほどになることは間違いありません。

 

そして自身のサッカー人生を大きく狂わせることになることも想像したことでしょう。

 

それにも関わらず、勝負に出た西野監督は実は凄い人なのかもしれませんね。

スポンサーリンク





先発メンバーが酷すぎた!

今回、西野采配があまりにもクレイジーだったので、影に隠れてしまっていますが…いかせん出た選手の出来が酷すぎました。

 

特に前線の宇佐美、武藤、武藤、武藤、酒井高徳、武藤、武藤、武藤。

 

そして、山口蛍も酷かったですね。

 

ここまで質が落ちてしまうと、観ている方もイライラしてしまうのは当然のこと。

 

川島が過去の2戦で犯した失点2点分を、この試合で返済したことが唯一の救い。

 

酒井宏樹も素晴らしかったですね。

 

ハイライトはこれぐらいで、全体を通して酷い試合でした。

決勝トーナメントの展望は?

対戦相手は、世界2位のベルギーとなりました。

 

どちらかと言うとイングランドの方が勝つ可能性はあったので、厳しい状況というのは正直なところあります。

 

ただノーチャンスか?と問われると答えはノーです。

 

絶対に勝てないというわけではありません。

 

直近の親善試合では、意外とやれていた部分も確かにあり相性も言うほど悪くはありません。

 

そして、セネガル戦のときのような質の高いサッカーをすることができれば、それなりにやることはできるはずです。

 

サッカーは、それなりにやることができれば意外と勝ってしまうことも多々ある競技なので。

 

もちろん難しい戦いになることは間違いありませんが、それでもセネガル戦で可能性を見せてくれたので期待せずにはいられないのです。

 

柴崎岳・大迫勇也の出来が左右する!

3戦とも高いパフォーマンスを見せてくれた柴崎の出来が日本の出来を左右します。

 

予選時よりも…さらに柴崎がハイパフォーマンスを出せば多くのチャンスを演出することができることに!

 

結果、勝利が近づくわけですね。

 

当然、日本の心臓に急成長した柴崎が厳しいマークに合うことは容易に想像することができます。

 

ここを周りがどれだけフォローすることができるのか?が見どころになってくるでしょう。

 

そして、もう1人のキープレイヤーが大迫勇也。

 

ここにボールがしっかりと収まれば、原口・乾・香川が攻めることができるので、よりチャンスを多く作ることができます。

 

柴崎⇒大迫⇒乾or原口or香川⇒フィニッシュのようなシーンが多く作ることがポイントです。

 

復活した川島のビックセーブが必須!

さて…相手は格上ばかりです。

 

日本が属するブロックは「ウルグアイ」「ポルトガル」「フランス」「アルゼンチン」「ブラジル」「メキシコ」「ベルギー」。

 

鼻で笑っちゃうほどの豪華なメンツです。

 

残念ながら、今の日本では押し込まれる時間が非常に多くなってしまいます。

 

そこで頼りになるのが「GK」です。

 

ポーランド戦でもビックセーブをしてくれた川島。

 

今後もより多くの危ないシーンが頻繁するため、川島のビックセーブ連発が必要不可欠です!

 

やっと乗れてきたところなので、期待したいところです。

 

ジョーカー本田の精度の高さの維持!

今大会、必殺仕事人なみの結果を出している本田。

 

決勝トーナメントでも、途中出場になることかと思いますが、そこで仕事をしてくれるか?も重要なポイントです。

最後に一言!

 

力の劣る日本が勝っていくためには組織で戦うことが必須。

 

チームのために献身的にサッカーができるかが?最重要項目であり、注目ポイントになるはずです!

 

まずはベスト8を勝ち取ることを期待していきましょう!

スポンサーリンク





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket