Pocket

スポンサーリンク





こんにちは、たかまるです。

今日は先日に続いて群馬県にあるもつ煮の名店『永井食堂』さんについての記事を書いていきます。

永井食堂さんのもつ煮のお取り寄せが可能!

『永井食堂』さんの絶品もつ煮を食べようとすると群馬県伊香保に行かなければなりません。

関東近辺の方ならいざ知らずそうでない方はかなりハードルが高いですよね?

でも今はいい時代になったもので『ネット通販』でお取り寄せが可能です。

もちろんお店で食べたほうが美味しいのですがしっかり研究されているのでレトルトのお取り寄せでも十分美味しいです。

ここでワンポイントなのですが、美味しく食べるためには『必ず湯銭』で温めてください。

絶対だよ! 助動詞 must「~しなければならない」

袋からあけて加熱してしまうと味が落ちてしまいます。

あとはネギは食べる分にだけ混ぜて食べたほうが美味いです。もちろん好みはあるかと思いますが...

どこで買うのがお得?

これは間違いなく『永井食堂公式通販』がいいです。

アマゾンなどでも超人気商品なだけに購入は可能なのですがだいぶ割高です。

例としては、『永井食堂公式通販』で買うと一パック(三人前)1070円(税込)で送料が1000円、アマゾンですとひどい場合2パックで3900円で販売しているか方もいらっしゃるので…

裏を返せばそれだけ人気商品という事なんでしょうけどね。

私のブログを読んでくれた方は必ず公式通販で買ってくださいね。

永井食堂の販売店が東京に?

これは事実であれば東京や神奈川辺りの方にはとても嬉しい情報ですよね?

埼玉県在住の私も伊香保に行くよりは都内の方が近いので嬉しいです。

永井食堂には同じ群馬県の富岡市に富岡店があります。

私も一度だけ訪れた事があるのですが、食事は出来ずに持ち帰り用のもつっこが購入できるだけでした。

それでも大繁盛でしたよ。

スポンサーリンク





一時期東京にも販売店が出来るという噂があったようなのですが、噂で終わってしまったようです。(笑)

そこで私は直接おかみさんに聞いてみました。

不詳私は相当回数通いこんでいるのでおかみさんに覚えて頂いているのです。超光栄です。

混雑時では迷惑になってしまうかと思い混雑の落ち着いた3時ころにお店に行きもちろんもつ煮定食を頼みます。

永井食堂の店員さんはおかみさんを筆頭にとてもよく動かれます。

例えば水が減ってきたら言わなくてもすぐに気づいて継ぎ足してくれます。

私はおかみさんが水を次に来てくれるタイミングを狙いました。(笑)

このおいしいもつ煮を東京でも買えるようにはしないのですか?と勇気をもって聞いてみました。

そうするとおかみさん曰くそうゆう話はたくさんあるそうですがそもそもお店を伊香保のこの位置に出店したのは良い水を意識しての事だそうです。

あとは都内に出して売りさばくほどの大量生産はしたくないのだそうです。

最後に一言!

素晴らしいなと思いました。これだけの知名度と人気があればご自身が働かなくても十分にやっていけるはずですが未だにお店に立ち続けています。

大量生産をして儲けるよりもしっかりと美味しいものを提供して少しでもお客さんに喜んでもらいたいというおかみさんの心意気なんでしょうね。

この記事を読んでいただいたあなたも是非伊香保の永井食堂に一度は行ってみてください。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

 

 

Pocket