Pocket

スポンサーリンク





波留のブログに批判?

先日は、波留さんが嵐の大野智さんとドラマの共演をきっかけでとても仲良くなった事に関して記事にしましたが、その際に波留さんのブログが軽く炎上した話題についてふれました。

波留さんが役に入り切れていないのではないか?などの批判があったことが前回調べてみて分かりました。

調べている間にとっても気になってきたのでもう少し深堀しようと思い今に至ります。

ブログでご自身の役柄についてドラマの放映中にもかかわらずコメントするというのは、波留さんのなかでよっぽど思うところがあったに違いないと私は思ったからです。

当時のおさらい!

ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)でW不倫に溺れる主人公(渡辺美都)を演じている女優の波瑠さんが、役柄への批判的な声に対してブログで思いをつづり、話題になっている。

波瑠は現在「潔く柔く」などの『いくえみ綾』による同名コミックが原作のドラマ「あなたのことはそれほど」に主演。

“2番目に好きな人”と結婚するも、ずっと思い続けていた中学時代の同級生と偶然再会し、不倫に溺れていく主人公・渡辺美都を演じている。

今にして思うと無きにしも非ずなストーリーですがなかなか刺激的な設定ですよね?

察するに昼顔などの「不倫」をテーマにしたドラマが最近受けている傾向があったのでその流れでって事なのかなと思いました。

2日に放送された第3話でも美都は、ずっと好きだった有島(鈴木伸之)に妻がいたこと、子供が生まれたことを知ってもなお、夫(東出昌大)にうそをついて不倫を続けてしまい、ネット上では「波瑠のこと嫌いになりそうになる」「全く共感できない」「波瑠はなんでこんな役引き受けたんだろう?」といった声も上がっている。

これは少し酷な話ではないでしょうか?あくまで仕事ですからね~!

断ることも出来たのにこの役を受けたのか、断る事が出来なかったのかは定かではありませんが…..。

波留の対応!

そんな中、波瑠は3日、「美都とはそういう人なのです。」とご自身のブログで切り出します。

私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない。面白いと言ってくださる方も、不倫劇を見ていて気分が悪くなる方もいらっしゃると思いますが、私達はただこのドラマを観てくださったことに感謝するだけです」とブログを更新。

「こういう内容の作品ですからね。しょうもないとか馬鹿とか最低とか言われても、観て感想を抱いてもらうっていうことで私は報われるような気持ちです」と批判的な意見にも理解を示した。

とても素晴らしい返しだと私は思いました。

スポンサーリンク





波留さんの心意気!

一方で「けれど私は、自分が何か得をするためにこのお仕事をしてるつもりもないので、わかりやすい言葉で言うなら損の連続になったとしてもいいのです」と決意を明かし、「苦しくてもがいた時間の中から、自分が何を見つけられるかが大事ですし。苦労が大きければ大きいほど何かを自分の中に残してやる~って意地みたいなものですかね」と前を向いた。

うーん素晴らしい。もちろん人間ですから表の顔と裏の顔は誰にだってありますよね?

そんな中でプロとしてこのコメントはとても立派だと思いましたし私はますます波留さんを応援したいとおもいました。

あなたはどう思われましたか?

昨今苦労や努力に対する価値が下がってきているように感じますがこんな考え方の若い女優さんがいるならば未来は安心ですね。←大袈裟!

最後に一言!

世の中には様々な人がいて成り立っている。これは理解しているのですが、何でもかんでも批判するネット社会にはちょっと疑問があります。

今回の件は特にその印象です。

ただ批判を浴びるのを分かっていても視聴者を喜ばせるために微妙な役をあえて受けた波留さんは素晴らしいと思いました。

ちょっと考えるとイメージが悪くなるような役は誰だって本音はしたくないでしょうしね~。

波留さんの今後のご活躍を心からお祈りして今日は締めたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

波留の性格がきつい?あなそれの美都の役柄からか?検証してみた!

Pocket