Pocket

スポンサーリンク





熱中症の症状の頭痛の対処法は?しっかり確認して夏を乗り切ろう!

暑い季節になってくるとやってくる厄介なやつ「熱中症」というのがありますよね。

 

皆さん、ご存知の本当に厄介なやつです。

 

毎年、この熱中症のせいで死亡事故に繋がってしまっていることも多々あります。

 

夏場に外でスポーツをしたり、作業をしたり、暑い室内でジッとしているときでもなってしまう熱中症ですが…。

 

しっかりと理解を深めておけば、対策することもできますし、対処をすることもできます。

 

ということで、ここからは熱中症に関する症状や対処、対策について説明をしていきたいと思います。

 

熱中症の症状について詳しく説明

 

まずは熱中症の症状について正しい知識を身に付けることが何よりも大切です。

 

症状によって対処法が異なることは言うまでもありません。

 

正しい判断をするためにも、症状の段階を理解することは重要なことなのです。

1. 顔が火照りめまいもある
2. 筋肉痛やこむら返りなどの痙攣
3. 頭痛や吐き気、そしてだるさなどの体調不良
4. 汗の出る量が明らかにおかしくなる(大量に出たり、逆に全くでなかったり)
5. とにかく体温が高く皮膚が赤みを増し汗がない(皮膚が乾いている)
6. 意識が朦朧としており呼びかけの反応が薄い、または無い
7. 自身の力で水分を補給することができない

 

ちなみに、こちらは症状の段階は一般財団法人日本気象協会のガイドラインを参考にしたものになります。

 

色々なサイトで症状の段階を紹介しているかと思いますが、どれも似たり寄ったりのものとなっているかと思います。

 

もしかけ離れたものがあれば、信用する確かなソースがない限り読み飛ばした方が懸命です。

 

(これらの情報は日々更新されていくものなので、認知度の高い文献や論文のような確かなソースがあれば一考するようにしましょう)

熱中症は気を付けていても、どうしてもなってしまうことも多いです。

 

となると、症状が出始めたときに直ぐに対処することが大切になってきます。

 

理想を言うと、2.の段階である、筋肉痛、痙攣で止めておきたいところです。

 

頭痛や吐き気などの症状が出てしまった場合は、それなりの進行をしてしまった状態。

 

最悪の場合、一気に4.5.のレベルまで達してしまうこともあります。

 

なので、暑い日、こむら返りなどの痙攣が起きてしまった場合は、無理をせずに涼しいところで休むようにすることが重要な対処になります。

 

では、頭痛・吐き気・だるさの症状まで進行してしまったら、どのような対処をしたらよいのか?

 

涼しいところで安静にすることが第一になります。

 

そして水分補給と塩分補給をするようにしましょう。

 

もし冷やすものがあれば、脇の下、首元、足の付け根を中心に冷やすようにしてください。

 

太い血管が通っている場所になるため、効率的に体温を下げることができます。

 

この対処をして症状が改善したとしても、数日は絶対に無理をしないことも重要。

 

熱中症は長引くこともあり、1週間入院というケースもよくある話です。

 

絶対に無理をしないこと…絶対に忘れないようにしてください。

 

根性論は厳禁…昔の暑さとは質が異なることを理解すること!

少年スポーツのコーチをボランティアで行っている人は多いです…いわゆるお父さんコーチ、お母さんコーチですね。

 

最近ではかなり少なくなってきましたが、中には「水分補給はしていいって言うまでだめだ!」という時代錯誤をしている人がいます。

 

コーチでなくても「まだ大丈夫だ」と根拠のない自信で、水分補給をせずに自分自身を痛めつけて鍛える人もいます。

 

残念ながら、この根性論は、昨今の暑さには打ち勝つことはできません。

 

確かに昔はそれで通用をしていた部分はあります。

 

しかし、昔と今の暑さは全く別物だということも理解しておきましょう。

 

明らかに昔よりも暑くなっています。

 

しかも日本特有のジメジメとした嫌な暑さが増しているわけです。

 

この天気の変化も含めて、熱中症の対策・対処をしていくようにしていくことも重要です。

スポンサーリンク





寝るときのクーラーはどうしたらよいの?

クーラーを付けて寝ると暑さに対応ができなくて熱中症になりやすい…こんな声をよく聴きます。

 

実際のところはどうなのか?

 

正直なところ、どちらの可能性もあるというのが回答になります。

 

曖昧ですいません。

 

ただ理解をしておきたいのは、熱帯夜にクーラーを我慢すれば、それはそれで熱中症になる可能性があります。

 

また深く寝ることができずに疲れがたまってしまって熱中症に弱い身体になってしまうことも。

 

であれば、寝苦しさを解消する程度の適度な温度にした方がよいということは言うまでもありません。

 

低くしすぎてしまえば、体温調整が難しくなり、これもまた熱中症に…。

 

こういった背景もあるため、適度な温度・湿度で保ってクーラーの設定をすることが重要になります。

 

目安としては、27℃~28℃、湿度55%~65%です。

 

部屋がこのような状態になるよう調整をすれば、熱中症対策をすることができるはずです。

スポンサーリンク





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket