Pocket

スポンサーリンク





こんにちは、たかまるです。

皆さんは赤から鍋というのはご存知ですか?

私は自称『鍋奉行』なので様々な鍋の素を試してきました。

その中でも圧倒的にお勧めなのが『赤から鍋の素』です。

赤から鍋の素とは!

これです。

『辛そう』って思いましたよね?(笑)

もちろん辛いのですが辛さ控えめの一番!

そして一番初めの中辛に当たる三番!

最後に辛いのが好きな方御用達の五番です!

辛さは人それぞれ好みがあるとは思いますが、オススメはスタンダードな三番です。

オススメ調理方法!オススメ具材!

私は普段二人前で作ることが多いので二人前のレシピを披露します。

豚バラ肉300~400グラム!お肉屋さんでの購入をお勧めします。豚バラの脂身の甘みが出るので辛さが変わります。

ネギ2~3本!

モヤシ一袋!

キャベツ半玉!

ニラ一束!

キノコ(しめじや舞茸)適量

ここまでが一般的な具材です。

オススメ具材!応用編

カキ 一パック(加熱用でもOK)かなりオススメ!

エビ 好みの量 エビの旨味とコラボして新領域

肉団子(鳥でも、豚でも)旨味が出ます!

アサリやハマグリもあり! これも旨味が出るため!

赤から鍋の素の実力!

これを言ってしまうと終了なんですが、この鍋の素の凄い所は、どんな具材を入れても美味しくなってしまう所かと思います。

本当です。

なのでまず始めはスタンダードな具材で試していただき、少しずつアレンジしていくとどんどん魅力にはまっていきます。

しいて注意点を上げるとするならば、味が濃いめになっているので少し薄めても良いかもしれません。

先日ご結婚された神田沙也加さんも鍋奉行でありながら赤から鍋の大ファンで、なかい君の学スイッチに出演した時も『赤から鍋』への愛を語っておられました。

最後に一言!

鍋が好きな方だけでなく、普段あまり鍋をやらない方も是非一度試してみてください。

私は累計100以上の鍋の素を試しましたがこれが一位です!

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。



スポンサーリンク

 

 

 

 

Pocket