Pocket

義母と娘のブルースの原作のラストは?気になる結末を先取りしよう!

 

2018年7月スタートのドラマ「義母と娘のブルース」は、漫画家、桜沢鈴さんのマンガを原作としたドラマで、原作マンガは前後の繋がりがある4コマベースで展開されています。

 

毎週火曜日の夜10時から放送されている「義母と娘のブルース」ですが、現在は第6話まで進んでいます。

 

ラストがどうなるのか気になるところなのですが、原作マンガがあるということはラストが分かるかも?!

 

原作マンガではどんなラストになっているのか調べてみることにしましょう。

スポンサーリンク





原作マンガ「義母と娘のブルース」のラストは?

キャリアウーマンである亜希子が、娘がいる良一からプロポーズされ結婚することに。

 

こでまで仕事一筋でやってきたため家事もできない亜希子だったが、いきなり子持ちになり母親になるために育児に奔走するのですが、娘からは母親と認められずに反発されてしまいます。

 

様々な難関を乗り越え、3人はきちんと家族になるきとができるのでしょうか?!

 

ネタバレ注意なのですが、原作マンガではラストには悲しい結末が待っています。

 

実のところ、良一と亜希子は“仮面夫婦”なのです。

 

良一は余命わずかで、娘のみゆきの母親となってくれる女性を探しており、人恋しい亜希子は家族が欲しいということで、2人の間に“取引き”が交わされる。

 

ほどなくして良一が倒れてしまい入院生活をすることになり、亜希子は良一のお世話をかいがいしく行います。

 

みゆきにはすぐに退院できるからと嘘をつくのですが、前妻を愛していたはずの良一もいつしか亜希子のことを好きになり、亜希子も良一のことを本気で好きになってしまいます。

 

そんな2人はお互いの気持ちを確認し、“本当の家族”になることを誓うのですが、ほどなくして良一は他界してしまいます。

 

良一が亡くなってしまい強がっていたみゆきでしたが、良一と自分のことを本気で愛してくれる亜希子に心を開き、ついに亜希子のことを「お母さん」と呼ぶみゆき。

 

ここにきて、亜希子とみゆきの心がしっかりと結び付くのだった。

 

時は流れ、みゆきも高校生になりヒロキと付き合い始め、亜希子もパート先の店長、麦田から告白されるのですが、良一への愛を貫きお断りをします。

 

時は更に流れ、みゆきはひろきと結婚し、亜希子は還暦を迎えます。

 

みゆきに迷惑をかけたくないという思いから、一人でがむしゃらに生活をする亜希子だったが、長年の無理がたたり倒れてしまいます。

 

みゆきは医者から亜希子の余命が少ないことを聞き、ヒロキと共に亜希子の家に同居することを決意。

 

そして、みゆきは亜希子の最期を看取ります。

 

「今まで見守ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを亜希子に伝えるのだった…。

 

というのが原作のラストになっています。

 

原作とドラマが同じであれば、良一演じる竹野内豊が亡くなり、亜希子を演じる綾瀬はるかも亡くなってしまうということになるのですが、ドラマ「義母と娘のブルース」では、“10年間の日々を追う”となっており、亜希子が33歳ということから考えると、43歳までのストーリーが描かれていることになりますにで、亜希子が亡くなるにしては早すぎるのではないかと思います。

 

良一が病気で亡くなるのはあるとして、ドラマのラストは、

 

・良一の死をきっかけにして亜希子とみゆきが“本物の親子”になる。

 

・みゆきが結婚して一人前になる。

 

このような出来事でラストを迎えるのではないかと思います。

 

という訳で、ドラマ「義母と娘のブルース」は、ら3は原作マンガと異なる展開になると

推測されます。

 

どのようなラストが待っているのか、最終話を楽しみに待つことにしましょう。

スポンサーリンク





ドラマ「義母と娘のブルース」では良一はどうなる?

 

現在、第6話まで放送されているドラマ「義母と娘のブルース」ですが、胃ガンの治療をしていた良一でしたが、原作マンガと同じで、良一は亡くなってしまいます。

 

良一の死後、話は第2章へと突入し、9年もの月日が経ちみゆきも高校3年生です。

 

良一が亡くなってしまい、“良一ロス”に陥っている視聴者の人が多いようですが、ここは原作の通りとなっていますのでしかたありませんね。

 

ガンの治療を終えて一旦退院していただけに、第6話の冒頭部分で突然良一が亡くなるという急展開に、気持ちが追い付かない人も多かったよう。

 

じかし、グズグズもしていられないようで、第7話では亜希子は再就職を始め、みゆきには好きな人ができるよう。

 

第7話は、

 

“さらば愛しき人よ! 最後に届く奇跡とは?! 私、背中で魅せます”

 

という題目が付いています。

 

良一が亡くなり、何か奇跡が起こるというにでしょか?!

 

一体どんな奇跡が待っているのか、楽しみですね。

 

再就職して忙しくなっているのにも関わらず、これまで通りと家事を完璧こなす亜希子への劣等感を感じ複雑な気持ちになるみゆきは、亜希子に自分の今の気持ちをぶちまけてしまいます。

 

せっかく上手くいきかけていた亜希子とみゆきの仲はどうなってしまのでしょう??

 

これは目を離せませんね!!

 

ドラマ「義母と娘のブルース」第7話の放送はもう間もなくですので、首を長くしてその日が来るのを待ちたいと思います♪

スポンサーリンク





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけると嬉しいです。

Pocket