Pocket

スポンサーリンク





要チェック!指原莉乃が2017の総選挙を最後にした理由とは何?


今年もAKB48グループの総選挙がやってきますね。今年の総選挙を語るうえで欠かせないのが指原莉乃さんです。

 

今やテレビで見ないことがなくなったといっても過言ではない指原莉乃さん。総選挙で1位を取ること4回。直近の総選挙では3連覇という金字塔を打ち立てています。

 

そんな指原莉乃さんですが、去年(2017年)の総選挙を最後にすることにしていたようです。今日はその理由について調べてみました。

指原莉乃さんのプロフィール!


名前:指原 莉乃(さしは らりの)

愛称:さっしー、さしこ、莉乃ちゃん

生年月日:1992年11月21日 25歳

血液型:O型

身長:159cm

所属グループ:HKT48

 

今でこそ時の人となった指原さんですが、中学生時代は重度のハロプロオタクだったそうです。アイドルの写真が全身に貼られた派手な姿でアイドルイベントに参加したりしていたそうです。

 

その姿が同級生の目にとまり、陰口を叩かれたり郵便受けに「もう学校に来ないでください」と書かれた手紙を入れられた事もあったようで、自宅に引きこもって過ごすことが多かったそうです。

 

高校は通信制の『クラーク記念国際高等学校』に通っていました。通信制のため高校時代の友達がいないことを寂しく感じているようです。

 

ちなみに、同じ『クラーク記念国際高等学校』出身の芸能人には、女優の北川景子さんや俳優の岡田将生さん藤ヶ谷太輔さんがいます。

 

その後、2007年の『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』に合格し、AKB48に入る。同機には北原里英、宮崎美穂がいる。

 

指原莉乃さんが学生時代いじめられたりしてとても苦労していたことは有名ですが、調べてみるとあらためて思うところがありますね。

総選挙を最後にした理由!


指原莉乃さんが、2017年の総選挙を最後にした理由は、若手ファンの人から「指原が出ていると順位が変わらなくてつまらない」と言われたことがあるそうです。

 

確かに毎年指原莉乃さんが1位では見ている立場としては面白くないですよね。順位は変動があった方が面白いに決まっています。

 

他にも総選挙で1位になった時に「おめでとう」の声より批判の声が多かった時もあったみたいです。実際に指原さんのツイッターには、結果を不服とする声や2位の発表時に喜びを爆発させたことへのクレームが多数寄せられたようです。

 

指原さんは、様々なシーンで見ているととても打たれ強い印象がありますが、やっぱり相当数のクレームや批判を浴び続けるのは辛いようですね。

スポンサーリンク





プロヂューサー目線があるから!


考察になりますが、指原莉乃さんは現在プロヂューサーとしても活躍しています。それより前にはHLT48の劇場支配人になったりもしています。

 

つまり自分の人気があればいいという視点意外に、グループだったり興行そのものに対する客のニーズだったり評判を気にしなければならない立場にあるので、自分が出ることで1位がほぼ決まってしまうと総選挙自体がシラケてしまうと考えたのではないかと思います。

 

もともと中学校時代には、アイドルオタクだったこともありますから客目線で見た経験も豊富でしょうしとても良い判断だと思いました。

 

前人未到の三連覇を達成したわけですし、これ以上居座ると総選挙に対する世の中の温度が冷めてしまうと感じたのかもしれませんね。

香取慎吾の助言もあった!


2017年の総選挙の前に指原さんは出馬に関して迷っていた事もあったそうです。むしろ出ない方向で考えていたようです。

 

とある番組のロケで、元SMAPの香取慎吾さんと話したときに相談すると、「3連覇して殿堂入りみたいな形で『総選挙』から退くのが一番(ファンに)望まれている形だと思う」とアドバイスを受けたことを明かしています。

 

そして2017年の総選挙終了時に再び香取さんと話したときに、「これからはファンとともにゆっくり活動ができるね。長くアイドル出来るね」と優しく言われたそうです。

 

指原さんは、ファンの事を一番に考える香取さんの言葉だけにとても響いたと言っていました。

最後に一言!

 

私の意見としては指原莉乃さんは、2018の総選挙に出なくて正解だと思います。これ以上出てしまうと総選挙がシラケてしまいますしアンチからのバッシングも増えそうなので。

 

今年の総選挙は、指原さんが出ないので予想が出来ない分ここ最近では一番面白い展開になりそうですね。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるとうれしいです。

Pocket