Pocket

ドラマや映画で活躍中の赤楚衛二さん。

 

仮面ライダービルドの出演から注目され始め、人気に火が付いた赤楚衛二さんですが、子供たちだけでなくママたちすら虜にするその甘いルックスが魅力のモデル出身の俳優さんです。

 

今回は赤楚衛二さんの父親が凄いとのことで、赤楚衛二さんの父親についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク





赤楚衛二さんの父親は何者?

 

赤楚浩之さんといい、言語学を研究している学者なんだそうです。

名古屋学院大学のホームページで外国語学部の教員紹介に名前が載っています。

 

現在は名古屋学院大学で講師をされている方なのですね。

 

お写真を拝見したところ、目元や鼻、口元まで赤楚衛二さんを感じさせる部分があるため、やはり親子なんだなーと感じました。

 

優しそうなお顔のおじさまですよ!

最終学歴はウィスコンシン大学マディソン校。

 

何それどこですかと思って調べました。

 

アメリカのウィスコンシン州マディソンというところにある州立大学だそうです!

 

卒業生や教員、研究者の中にはノーベル賞受賞者が数多く、赤楚衛二さんの父親が名門校のご出身であることが伺えます。

赤楚衛二さんの父親の職歴!

 

赤楚衛二さんの父親が本当に凄い人なんだとわかったところで、赤楚衛二さんの父親の職歴を見てみましょう!

 

1989年4月に名古屋学院大学で外国語学部講師に就任してから、現在まで名古屋学院大学で講師をされています。

 

講師として就任した後は2005年に学部長へ。

 

2009年には名古屋学院大学大学院の外国語学研究科の科長に就任しています。

 

2013年に科長から英語学専攻(通信教育課程)主任となり、2014年には名古屋学院大学で学生部長。

 

最終職歴は2017年、名古屋学院大学大学院外国語研究英語学専攻主任、並びに通信教育課程主任となっているので、おそらく現在もこれに当てはまるのではないでしょうか。

 

自己紹介で、名古屋学院大学大学院外国語学研究科英語学専攻主任、並びに通信教育課程主任ですと紹介されても、頭の中でこんがらがって理解できなそうですね。

 

テレビを見てるときに教授と言われても、この人は偉い先生なのかなーと思う程度だったのですが、偉いどころではなかったのですね!

 

頭がいいだけではなく、更に研究などを続けている人のことだったとは知らずにいました。これからはもっと尊敬の意を持ってテレビを見なければいけません…!

スポンサーリンク





赤楚衛二さんの父親の研究業績!

 

言語学を研究されているということで、赤楚衛二さんの父親は数々の論文を発表しています。

 

他の方と一緒に書かれた共著をはじめ、ご自身のみで書かれた単著もたくさんあります。

 

その数はなんと100以上!きっと想像を絶する研究をされているのでしょうね…頭が上がりません。

 

1992年に発表された「新大学英文法」という著書をはじめ、最近では「Acceptability judgements and subject positions in Japanese Q-float(日本語における概数数量詞のQ-floatについて)」という学術論文を2020年の3月に発表しています。

 

自分が頭がいい方ではないのは知っていましたが、タイトルからしてちんぷんかんぷんです…。最近の発表論文が今年であることからも、未だ現役であることがわかります!

 

年齢などはわからないのですが、お元気であることは確かです。

赤楚衛二さんの父親は言語学者!

 

父親が学者さんって鼻が高いですよね。

 

でも、そんな父親に引けを取らず数ある作品に引っ張りだこの赤楚衛二さんも負けていませんよ!

 

もしも自分が学者さんの子供であれば、自慢してまわりたいほど嬉しいことだと思います。

 

ちなみに赤楚衛二さんの母親はピアノの先生だという話を耳にしました。

 

才能あふれる一家なのですね!

 

さて、今回は赤楚衛二さんの父親である赤楚浩之さんについてご紹介いたしました。

 

いかがだったでしょうか?

 

赤楚浩之さんは書籍なども出されている方なので、論文などを読まれる方は著者を見てみたら赤楚浩之さんのお名前が書かれているかもしれませんよ。

スポンサーリンク





Pocket