Pocket

スポンサーリンク





体格も実績もビックな天才ゴルフ少女須藤弥勒ちゃん!

 

一度見たら忘れられないほど容姿にインパクトがある天才少女ですよね。

 

弥勒ちゃんの容姿を見ると、正直「女の子なのにあんなに太ってかわいそう」「お母さんはあの状態を見て何とも思わないの?」って思っちゃいます。

 

だって、ぽっちゃりしているというレベルじゃないですもん(汗)

 

今回は、娘のあの体型を許す須藤弥勒ちゃんのお母さんにフォーカスを当ててみました!

 

お母さま!娘があんなに太って平気なの?

 

早速、検索!「須藤弥勒 お母さん」っと、、、えっ??見間違い???

 

やせてるーーー!!!すっごいやせてるーーー!!!

 

娘さんとは違う食生活なんじゃ??って思うほどガリガリに痩せてる。

 

ちょっと驚きですね。

 

弥勒ちゃんが夕食をモリモリ食べている様子を嬉しそうに見守る母みゆきさん。

 

目を疑ってしまいました。

 

そもそも、食事制限した方がいいの?って思いながら見ているから余計に食べ物を口にする弥勒ちゃんをニコニコ笑って見ているみゆきさんの様子に眉をひそめてしまいます。

 

弥勒ちゃんのお父さんが東大卒の超エリートってことは有名ですが、実はお母さんも結構凄い。

 

お嬢様?アスリート?みたいです。

 

母、須藤みゆきさんの資格や特技は、茶道教授資格、そろばん師範代、現役ピアノ講師、小学生時代フィギアスケート(実績県大会6連覇)

 

おお!!すごい!母みゆきさんもかなりのポテンシャルの持ち主ですね。

 

お茶にピアノ、フィギアスケートとお嬢様であること間違いなしです。

 

でも、ここで一番気になったのは、みゆきさんがスポーツフードコーディネーターの資格を持っているってこと。

 

あれ?、、、弥勒ちゃんの体型、、、フードコーディネーター???、、、ますます矛盾がひろがります。

スポンサーリンク





母の願い「凛とした女性になって欲しい」!

 

弥勒ちゃんはゴルフ以外も、水泳、空手、体感トレーニングに加え、ピアノ、そろばん、習字、パソコン、茶道など数々の習い後をしているみたいですね。

 

今はゴルフの練習拠点を群馬の実家から茨城に移して父、憲一さんと二人暮らしているので、すべての習い事を続けているかは不明ですが、、、すごいですね。

 

これは、母みゆきさんの弥勒ちゃんに「凛とした女性になって欲しい」という思いからだそうです。うっうん、、、気持ちは凄く分かるけど、、、。

 

二兎追うものは一頭も得ず!

 

弥勒ちゃんがゴルフ以外の習い事をしている姿を見ていると色々突っ込みたくなるんです。

 

例えば、基礎体力強化の水泳は、体のほとんどが水中に沈んでいるし、空手は一人だけ相撲部に見えるし、体感トレーニングのために乗るバランスボールはぺっちゃんこだし、、、、。

 

ただ、習い事の目的はそれぞれの競技の技術向上ではなく、あくまでも体力や体幹を身に付け、教養を身につけるためだとしたら、別に早く泳げなくても、型が美しくなくても目的は果たされているのだと思えてきたんです。

 

日本には「二兎追うものは一頭も得ず」ということわざがありますが、「容姿の美しさと実力や実績は同時に手にいれることはできない」ということでしょうか。

 

ある程度の美しさや目標であれば同時に手に入れることができても、偉業ともなるとどちらかに振りきらないと達成できないのかな。

 

容姿の美しさはこれからいくらでも手に入れることができるけど、史上最年少世界女王という偉業は弥勒ちゃんが5歳の時しか手することはできないもんね。

 

生まれつき天才はいない!

 

太ってる弥勒ちゃんと対照的にやせている母みゆきさんを初めて見たときは、言いようのない違和感を感じましたが、弥勒ちゃんが何かを口にする映像には、お菓子やジュースを口にする映像は一切なかったんです。

 

やっぱり、あの体型もゴルフで偉業を成し遂げるために必要なものなのかもしれません。

 

太りたくて太っているのかも。

 

フランスの女性作家で哲学者でもあるボーヴォワールの名言「One is not born a genius, one becomes a genius.」人は天才に生まれるのではない。

 

天才になるのだ。

 

という言葉に多くの偉業を成し遂げた人々が共感するように、弥勒ちゃんは、天才として生まれてきたのではなく、天才になるべく育てられているのかな~っと思いました。

スポンサーリンク





Pocket