Pocket

スポンサーリンク





2018版関東の紅葉時期を2017から考察!名所情報もアリ!

8月から9月に変わるころ、気になり出すのが紅葉の時期ではないでしょうか。

 

やっぱり秋といえば紅葉!という方も多いですよね。

 

全国的に紅葉の名所もたくさんありますが、実は関東の紅葉はかなりたくさんの名所があるのをご存知でしょうか?

 

ただたくさん名所があると紅葉の見頃を見逃してしまう場合もあります。

 

たくさん回りたいと思うからこそ、しっかりとスケジュールを紅葉の見頃時期と合わせることが重要です。

 

旅行などを計画されている方は特に、2018年の紅葉の時期をしっかりと予想しておきたいですね。

 

そこで今回は2017年から考察した、2018年間等の紅葉の時期についてご紹介したいと思います!

 

しっかりとチェックして9月の中頃には予定を立てられるようにしておきましょう!

 

関東の紅葉の名所と例年の紅葉の見頃!

 

まずは関東の紅葉の名所をご紹介したいと思います。

 

例年の見頃時期も一緒にチェックしてみてくださいね♪

・那須高原

栃木県北部にある那須岳の南側山麓地域、ここに広がる紅葉は色鮮やかで、特に人気のスポット。

関東といえば那須高原、紅葉を見るなら那須高原とも言われるほど外せない紅葉スポットです。

例年の見頃は10月上旬から中旬

・もみじ寺

茨城県大子町にあり、三大名瀑の一つ袋田の滝に近い場所にある永源寺では、特に濃い赤の紅葉で埋め尽くされることにより「もみじ寺」とも呼ばれるようになりました。

燃えるような紅葉が見られるのはここだけ!と言われるほど、情熱的な景色を堪能することができるスポットです。

例年の見頃は11月中旬から下旬

・谷川岳

群馬県利根郡みなかみ町、日本百名山の1つでもある谷川岳には素晴らしい眺望だけではなく、壮大な岩肌に生えるように色づいた紅葉が印象的な紅葉スポットです。

例年の見頃は10月中旬

・花貫渓谷

茨城県高萩市にある渓谷、汐見滝吊り橋から小滝沢キャンプ場にかけて広がる紅葉の景色と、吊り橋に広がる紅葉の絨毯が幻想的で、三代名瀑の一つでもある袋田の滝の紅葉も一緒に楽しむことができる名所。

例年の見頃は11月中旬から下旬

・尾瀬ヶ原

群馬県利根郡片品村にある湿原、足元に広がる草紅葉が金色の絨毯のように広がり、さらにその周りを囲むように色づく紅葉とのコントラストによる自然美を堪能できるスポット。

例年の見頃は9月下旬から10月上旬

・国営昭和記念公園

東京都昭島市にある国営公園、立川口から続く紅葉とイチョウの並木路は、まるで異世界に続くような不思議な空間を生み出してくれる場所。

通年人気のスポットでもありますが、特に紅葉の季節は多くの観光客が訪れる紅葉スポットです。

例年のみフォロは11月上旬から下旬

・養老渓谷

千葉県市原市にある渓谷、人気のハイキングコースで特に秋は紅葉ハイキングで訪れる観光客も増加するほど人気のスポット。

だいたい4時間ほど歩きながら紅葉を楽しむことができます。

例年の見頃は11月下旬から12月上旬

・高尾山

東京都八王子市にある比較的低い山、都心から電車で約1時間と近い距離にあるため人気の紅葉スポット。

東京にあるとは思えないほど自然に溢れた場所でもあり、秋の紅葉も格別と言われているほど。

例年の見頃は11月中旬から下旬

 

関東と広範囲になると紅葉スポットがたくさんありますよね。

 

旅行でもハイキングでも、ちょっとした散歩気分でも楽しめる紅葉スポットがたくさんあり、どれも全く違うものだからこそ、見頃時期には多くの名所に行ってみたいものです。

 

 

たくさんの紅葉めぐりをしたいのならば、まずは見頃時期も押さえておくことが重要なので、しっかりと例年の見頃も参考にして予定を立てましょう。

スポンサーリンク





2017年紅葉の時期はいつ頃だった?

例年の紅葉の見頃はそれぞれ地域によって違いがありますが、関東では2017年はどのような紅葉の時期を迎えたのでしょうか。

 

・東日本は例年並み

 

昨年も平均の夏の気温が高かったものの、9月後半から10月にかけて冷え込んだことによりほぼ例年通りだったと言われています。

 

ただ日本海側から断続的に流れ込んできた歓喜によって、ぐっと冷え込みが強くなったことから多少紅葉の見頃が早いと感じた方も多かったようです。

 

・色鮮やかだった2017年の紅葉

 

例年並みから少し早めだと感じる紅葉でしたが、2017年の紅葉の色づきはとても良かったという地域が多かったのです。

 

全校的にみても紅葉の見頃時期には鮮やかな色合いが目立ったようで、2016年とは比べ物にならないほど紅葉が楽しめた年だったようですね。

 

2017年も関東はほぼ例年並みに紅葉の見頃が訪れたということでした。

 

猛暑だったにも関わらず、うまく気温が下がったことが一番の要因だったようですね。

 

では2018年は一体いつ紅葉の見頃時期を迎えるのでしょうか。

 

2017年から考察する2018年関東の紅葉の時期!

2017年から考察すると、うまくいけば夏は暑く残暑がきつかったとしても、9月下旬から徐々に気温が下がり続けて平年どおりの気温になれば、紅葉の色づきも例年通りになるでしょう。

 

2018年の夏も酷暑とは言われていましたが、台風などの影響により気温がぐっと下がる可能性は否定できません。

 

よほどのことがない限り、2018年も例年通りになるのではないか…と予想されます。

 

ただ台風が多いため、9月・10月で水害などに悩まされてしまう可能性はあるかもしれません。

 

そうなってしまうと紅葉が散ってしまう場合もあるので、天候には要注意しなければならないでしょう。

 

また渓谷や山頂付近、滝などにある紅葉を楽しむ場合には、天候も考慮して危険な場合は自粛するようにしましょう。

 

天候や気温に大きく左右される紅葉の時期、力強い色で楽しませてくれる紅葉ですが儚いからこそ、しっかりと時期をチェックして訪れることが重要ですね。

 

まとめ!

 

いかがでしたか?

 

もうすでに、紅葉の時期を予想しながら旅行の計画を立てている方も、2017年の紅葉の時期を参考にしておくと、さらに詳しく計画を立てることができますね。

 

ただし、あくまでもこれらの考察は予想でしかないので、9月からの気温の変化や天候などをしっかりとチェックしておくと、より一層詳しい時期を予測できるかもしれません。

 

またリアルタイムで紅葉の色づき情報を発信しているサイトなどもあるので、そちらも一緒に参考にしてみましょう。

 

2017年はとても鮮やかだったと高い評価を得た紅葉でしたが、そうなると2018年の紅葉もとても楽しみですね。

 

天候に恵まれ今年も綺麗な紅葉が見られますように…たっぷりと堪能できればいいですね!

スポンサーリンク





今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけると嬉しいです。

Pocket