Pocket

スポンサーリンク





AKB総選挙の歴代1位は?2018年の1位予想はズバリこの人!


5月も間もなく終わろうとしていますが、この時期毎年話題になるのはAKBグループの総選挙の話題ですよね。

 

ここ数年はかつてに比べるとテレビ露出も減り、AKBは「オワコン」なんて意見をネット上で見ることもしばしばあります。

 

ですが日本が平和なのか皆退屈しているのかやっていれば見てしまうって方も多いようなので、今日はAKBB総選挙歴代1位って所に注目してみたいと思います。

AKB総選挙とは?


意外と知らないかともいらっしゃるかと思ったので振り返ります。

 

AKB48の総選挙というのは、「AKB48シングル選抜総選挙」の事で、シングルの選抜メンバーをファンの投票で決めようという企画です。

 

投票権は誰にでもあるわけではなく、一番メインになるのが直近にリリースされたCDに投票権がついているのでCDを買って投票するという形です。

 

他にもAKB48グループの提供している様々なサービスの会員になれば投票権が与えられます。

 

総選挙は今年で9回目。誰が1位に輝くのか、またランクインした彼女たちのスピーチにも注目ですね。

第1回AKB48選抜総選挙


第1回の総選挙の1位はあっちゃんこと前田敦子さんでした。得票数は4630票でした。

 

総選挙が始まった理由としては、その前までは選抜メンバーは運営側で決めていたのですが、ファンからなぜ自分の推しメンが入らないんだ?と苦情が入ったことがきっかけと言われています。

 

そこで、秋元康さんがファンの投票で決めたらいいんじゃないか?と提案したと言われています。

 

その一言で始まったイベントが、今では経済効果50億円ともいわれるビッグイベントになったのですからファン様様ですね。

 

1回目の司会は運営の方が担当していて、戸賀崎さんと元AKB48総支配人の茅野しのぶさんがやっていて手探りだったと言われています。

 

この時に選ばれたメンバーが歌ったのが『言い訳Maybe』でした。

第2回AKB48選抜総選挙


第2回の総選挙は、大本命と言われていた前田敦子さんを大島優子さんがやぶってい1位になりました。得票数は31448票、これはビックリでした。

 

この時は大島優子さんファンが相当頑張って投票権を集めたんだそうです。

 

そして第1回と第2回の上位7人が同じだったことから、大島優子、前田敦子、篠田麻里子、板野友美、小嶋陽菜、高橋みなみの7人を神7と呼ぶようになりました。

 

豆知識ですが、神7の本当の意味は、AKB48が初めて行った講演でいたお客さんが7人だったことからきているそうです。

 

この年から、司会も徳光さんや木佐さんなどがするようになり注目度もかなり上がってきましたね。

 

この時の上位21人で名曲『ヘビーローテーション』を歌いました。カラオケでもお馴染みですよね。

第3回AKB48選抜総選挙


第3回は前田敦子さんが涙のリベンジを果たして1位に返り咲きました。得票数は大幅にアップして139892票でした。この時は私もあっちゃんを応援していたので嬉しかったです。

 

第3回からは投票システムが大きく変わり今までは激情版には投票権がついていなかったのが第3回からつくようになりました。

 

これによって総得票数が4倍以上になりました。劇場盤に投票権がつくということは握手+投票が出来るのでファンにとってはとても嬉しかったはずです。ヤフオクで投票券の取引が行われるようになったのはこの第3回くらいでしたね。

 

現在でも総選挙の時には投票権が売買されていて、相場としては、1枚800円です。お金持ちから好かれることが上位に来る条件になってしまいそうと言われだしたのもこのころだった気がします。

 

そしてあっちゃんの名言「私の事は嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください」が生まれたのもこの時ですね。

 

この年に生まれたのが『フライングゲット』です。フライングゲットのPVはなかなか意味深な内容だったので見たことない方は是非見てみてください。

第4回AKB48選抜総選挙


この年の総選挙は前田敦子さんの卒業から始まりました。前田敦子さんのいない総選挙ではやはり強い大島優子さんが1位になりました。得票数は108837票と前年の前田さんより3万票も少ない1位でした。

 

この年の総選挙を見て思ったのがしばらくは大島優子さんの時代が来るのかなって思いました。

 

そして前田敦子さんはすごくいいタイミングで卒業したなって思いました。

 

この年に生まれたのが『ギンガムチェック』です。私もすごく好きな曲です。

 

第5回AKB48選抜総選挙


この年はほんとビックリでした。大島優子さんの1強で決まりかと思っていましたが、1位はなんと指原莉乃さんで得票数は150570票でした。

 

指原さんにはこの時スキャンダルがあって博多に飛ばされたりがあったので厳しいのでは?という見方が多かった中での1位でした。

 

速報では1位になった指原さんですが、とりあえず速報だけでもという見方が多かったようなのですがそのまま1位。

 

2位の大島さんの発表と同時に会場から退席する人が目立ったのがとても印象的でした。

 

指原さんの時代が始まったのはここからですね。この時に指原さんのセンターで生まれたのが『恋するフォーチュンクッキー』でしたね。

スポンサーリンク





第6回AKB48選抜総選挙


第6回の総選挙は本当に嬉しかったです。ついに渡辺麻友さんが1位に輝きました。得票数は159854票でした。

 

やっぱりアイドルなんですから王道を進む渡辺麻友さんのような方が1位の方がいいという意見もとっても多かった事を覚えています。

 

2位の指原陣営の油断もあったという話も上がりましたね。

 

この年に生まれたのが『心のプラカード』でしたね。

第7回AKB48選抜総選挙


前年2位に敗れた指原莉乃さんが返り咲きました。得票数は驚愕の194049票でした。

 

バラエティ番組でも抜群の知名度を誇っていて中国系の評も相当多かったようですね。

 

そしてAKB48総選挙では過去に連覇を果たしたメンバーは一人もいなかったのですが、この年指原さんになら連覇が可能ではないかという話が出てきました。

 

この年に生まれたのが『ハロウィン・ナイト』です。

第8回AKB48選抜総選挙


第8回で指原莉乃さんが史上初の連覇V3を達成しました。得票数はこれまた驚愕の243011票でした。

 

この年は渡辺麻友さんと指原莉乃さんの一騎打ちが予想されていましたが結果は指原さんの圧勝でしたね。

 

ただ世の中の反応的には「つまらない」という声がかなり増えてしまった印象です。

 

この年に生まれたのが『LOVE TRIP』です。

第9回AKB48選抜総選挙


この年も指原莉乃さんが史上初の三連覇かつV4という恐らく今後誰も破れないであろう結果を作り出しました。得票数は246346票でした。

 

この時の指原莉乃さんの「こんな私をアイドルにしてくれたファンの皆様に感謝です」というコメントはとても良かった記憶があります。

 

またこの年は速報でいきなり1位に躍り出たNGT48の荻野由佳さんにも注目が集まりましたね。

 

この年に生まれたのが『好きなんだ』です。

第10回AKB48選抜総選挙1位予想


世の中の予想は、指原さんや渡辺さんがいなくなった今、松井珠理奈さんと宮脇咲良さんの一騎打ちではないかと言われていますよね。

 

他にも山本彩さんが出馬しなかったり島崎遥香さんが卒業してしまったりで個人的には超混戦だと思っています。

 

指原莉乃さんの票である約25万票はもちろんカギを握ります。そんな中私の1位予想は『宮脇咲良』さんです。

 

理由としては、松井珠理奈さんはアンチが多いこと、HKT48ファンが指原さんがいないのであれば宮脇さんに1位を取らせたいと思うのではないかと予想しています。

 

松井珠理奈さんは2位か3位を予想しています。他に怖いのは須田亜香里さんや横山由依さんあたりを予想しています。

最後に一言!

 

今年は海外勢の参戦もありますし、何といっても指原莉乃さんが出馬しないので誰が1位か予想できない分楽しみがありそうです。

 

最近は坂道系グループに人気を持っていかれていますが、このイベントは楽しいのでみんなで1位予想してみましょう。



スポンサーリンク

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

このブログを読んで「いいな」と思ってくれたら下のSNSボタンをポチっと押していただけるととても嬉しいです。

Pocket